無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

恋人未満:🍓×🐴
ドギョム
ドギョム
やッッ、まってまって!!
ジョンハン
ジョンハン
無理ッッ
ドギョム
ドギョム
んあッッ、は、やいっ//
ジョンハン
ジョンハン
ん、はぁッ…
ジョンハン
ジョンハン
あッッ…どぎょ、まぁ!
ドギョム
ドギョム
え、うぁッッ!








今時間は夕方の5時











ここはまだ人が少ないラブホテル












僕は今、ヒョンの欲を受け止めた



ジョンハン
ジョンハン
はぁはぁ……
ドギョム
ドギョム
ヒョ、ン…今日なんか、、早くない?
ジョンハン
ジョンハン
…な、にが?
ドギョム
ドギョム
会う時間も、行為自体も、、、






普段僕達が会う時は9時ぐらい










今日は一段と、早かった
ドギョム
ドギョム
これから何かあるの?
ジョンハン
ジョンハン
うん、食事することになった
ドギョム
ドギョム
だからか、、食事会何時から?
ジョンハン
ジョンハン
6時半過ぎ
ドギョム
ドギョム
そっか、もう行く?
ジョンハン
ジョンハン
いや、あと1時間あるからここでいるよ
ドギョム
ドギョム
そっか、シャワー先に浴びる?
ジョンハン
ジョンハン
…そうするわ、待ってて
ドギョム
ドギョム
了解〜、ゆっくりしてきてよ
(*^-^*)
ジョンハン
ジョンハン
うん〜( ´ー` )




ヒョンがシャワー室に入った後ヒョンの携帯が鳴った
ドギョム
ドギョム
あ…どうしよ、、



勝手に出るのはまずいし、、でも…
ドギョム
ドギョム
誰からだろ…



後から教えてあげたらいいか









ヒョンの携帯の画面を見る











そこには"同期"の文字
ドギョム
ドギョム
あぁ、、そうか…



僕はシャワー室の前に行き、中にいるヒョンに声をかけた
ドギョム
ドギョム
ヒョーン!!愛しの同期さんから電話だよ〜!
ジョンハン
ジョンハン
あ、分かった//



いそいそとシャワー室から出るヒョン
ドギョム
ドギョム
じゃあ僕はシャワー浴びるね(≧∇≦)
ジョンハン
ジョンハン
うん!





ヒョンはすぐに電話をかけ直していた









僕達は付き合ってない









いわゆる"セフレ"ってやつだ









ヒョンには好きな人がいるし、僕も今の関係を気に入っている










だって、今の所ヒョンの一番近くにいるし











セフレだから傷つくことも無い












そう思ってたのに、、、











ヒョン…好きになっちゃったよ、、どうしよう











恋人未満でいいから捨てないで








end.