無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

2.



ジュン
ジュン
ちょ、どうしたの?!//////
スングァン
スングァン
ヒョン、黙って
スングァン
スングァン
んっ…チュッ、
ジュン
ジュン
んんッッ!







そのままベットに押し倒され、僕の服を器用に脱がせていく












キスが口から首、胸へと下がっていく










スングァン
スングァン
チュッッ…
ジュン
ジュン
んあッッ…/////
スングァン
スングァン
ヒョン、、乳首勃ってる…
スングァン
スングァン
チュ…チュゥ、、
ジュン
ジュン
やぁぁ…ス、グァナッッ!
スングァン
スングァン
ん、かわい…チュ、、チュパッッ







左の乳首は手で捏ねくり回し、右は吸われていて頭が真っ白になる











急に自分のモノに違和感を覚えた




ジュン
ジュン
んぁッッ…な、なにっ////







ずっと使っていなかったスングァンの右手が僕のモノをがっしり掴んでいた






スングァン
スングァン
ヒョンの、、意外と大きいんだねッッ…







そしてユルユル上下に抜き始めた






ジュン
ジュン
あぁッッ…や、!
スングァン
スングァン
チュ…ヒョンの、、グチョグチョッ!








ヌチャヌチャと音を立てる僕のモノ










その水音で聴覚も支配される










ジュン
ジュン
や、あぁッッ…イクぅ、、/////
スングァン
スングァン
ンッ、ヒョンイクの、?
ジュン
ジュン
んぁッッ、は、イクッッ!/////
スングァン
スングァン
はむっ…
ジュン
ジュン
んやぁッッ!/////






僕の乳首を舐めていた口が僕のモノを咥えた




スングァン
スングァン
ひる…しゅごいッッ、、
(汁…すごい、、)
ジュン
ジュン
んあぁッッ!
ジュン
ジュン
ス、ングァナッッ喋っちゃッッ出ちゃう!
スングァン
スングァン
ジュポジュポッッ
スングァン
スングァン
ひひよ、ひきな
(いいよ、イキな)
スングァン
スングァン
ジュルッッ…ジュポジュポッッ
ジュン
ジュン
い、はッ!イクッッ…んぁぁッッ!ビクッ
スングァン
スングァン
んッッ…




すごい量の欲がスングァナの口に出される





スングァン
スングァン
ゴクッ、ヒョン…溜まってたんだね、、
ジュン
ジュン
ご、ごめん…スングァナ、、んぁッッ!?






イッたばかりなのに僕の穴に指を入れるスングァン





スングァン
スングァン
ヒョン…僕もイかせてね





そう言うとゆっくりスングァンのモノが入ってきた