無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

2.


ミンハオ
ミンハオ
じゃぁベット行こ
ジュン
ジュン
え、、あ、今僕…なんて言った?
ミンハオ
ミンハオ
するんでしょ?性行為
ジュン
ジュン
あ、ま、待って!!
ミンハオ
ミンハオ
え、しないの…(´・ ・`)






ミンハオがしゅんとしている、、そんな顔されたら断れない



ジュン
ジュン
あ、そ、そうじゃなくて…
ミンハオ
ミンハオ
まぁ、何言われてもするけど
ジュン
ジュン
え?!
ミンハオ
ミンハオ
はーい、早くベット乗ってね
ジュン
ジュン
ちょ、ちょちょ!!






ミンハオに引っ張っられ、気づいた時にはもうベットに押し倒されていた










ミンハオと目が合う











ふっと笑うミンハオにドキッとした





ミンハオ
ミンハオ
キスが先?それとも服脱ぐ?
ジュン
ジュン
き、キス…
ミンハオ
ミンハオ
かわい、、







降ってくるキス











優しくて、暖かくて、気持ちよかった








ミンハオ
ミンハオ
ん、ちゅ…ちゅッ
ジュン
ジュン
ふっ、んッッふぁ…////





さらに舌が入ってきてついて行くのが精一杯だった





ジュン
ジュン
ふ、あッ…んんッッ
ミンハオ
ミンハオ
ん…ちゅッ、んんッッ
ジュン
ジュン
み、ハオ…く、くりゅッしいッ!
ミンハオ
ミンハオ
ん…?





苦しくてキスの合間に求めると離してくれた




ジュン
ジュン
はぁはぁ、、/////
ミンハオ
ミンハオ
ヒョン……その顔、、絶対他の人に見せちゃダメだよ
ジュン
ジュン
ん、、え?
ミンハオ
ミンハオ
エロすぎるから、絶対だからね。約束
ジュン
ジュン
わ、分かった…////





正直、初めての経験で頭が回らなくて何を話しているのか分からなかったけど









もう幸せだからなんでもいいや



ミンハオ
ミンハオ
ヒョン…もう、、
ジュン
ジュン
ん、はやく…きて、、
ミンハオ
ミンハオ
、、ほんと無理…////









いつの間にか服を脱いでいた。多分脱がしてくれたんだろうけど






ミンハオ
ミンハオ
ヒョンの、、なんでこんなに綺麗なの?
ジュン
ジュン
んぇ…?/////
ミンハオ
ミンハオ
もしかして、、してないの?
ミンハオ
ミンハオ
自慰行為とか……
ジュン
ジュン
あ、うん…怖くて、、/////
ミンハオ
ミンハオ
…ありえない
ジュン
ジュン
、、ダメなの?
ミンハオ
ミンハオ
僕が全部出してあげる(*^-^*)
ジュン
ジュン
??






次の瞬間、慣らしていない僕の穴にミンハオのモノが勢いよく入ってきた