無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

熱中症と発作
亮平
妹です(処置をしながら)
△△「え?そうなんですか?」
亮平
はい(処置をしながら)…自発呼吸なくなった
挿管するよ
○○、△△「はい」
――――――――――――――――――――――――――――――
亮平
よしここでやれることは出来たのでヘリで搬送します
消防隊員の人
わかりました
―――――――――病院到着―――――――――――――
○○「ベッド入りまーす」
亮平
動かすよー
1、2、3
――――――――――――――――――――――――――――――

処置が終わって今は病室
ガラガラ
あなたは?
亮平
大丈夫
命には別状ないよ(手を握る)
あなた
ピクッ
目を覚ます
亮平
あなた?目覚ました!
よかったー
みんなに連絡する
LINE内
あなた目覚ました!
翔太
マジ?
ほんとに?
康二
うそやーえっマジなん?
大介
マジレス?
辰哉
マジ?
ラウール
えっほんと?
涼太
それはほんと?
みんなほんとにに目覚ましたから
――――――――――――――――――――――――――――――

ちょっとつかれたので今回は短めにしたいと思います。
next!