無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第25話

Story.23
あなたside

『人間選別』が廃止されてから、一年が経った


相変わらずのメンバーで、

相変わらずの生活で、

相変わらずの毎日を送ってた
井上あなた
おーい、ご飯できたよー
西畑大吾
んぅ…
井上あなた
起きろて
西畑大吾
んぅぅ…
井上あなた
起きんかい、アホ!掛け布団を取る
西畑大吾
さぶっ…
西畑大吾
もう朝からなんやねん…
井上あなた
あんたが早う起きんからやろ!
西畑大吾
はいはい
大西流星
おっはよーん!
井上あなた
おん!!
長尾謙社
ふわぁ、おはよう…
井上あなた
おはよう
大橋和也
あなた、いつもの
井上あなた
朝プリンな、はいよ
大橋和也
やった!
藤原丈一郎
朝からよぅそんなもん食べんなぁ
あ、おはようさん
井上あなた
おん笑
高橋恭平
あなたー、髪セットしてー
井上あなた
はーい、ってやば指にお味噌ついとった
高橋恭平
それで触らんでな!?!
井上あなた
ふーんニヤニヤ
高橋恭平
え?やだ、やだ!やめろて!!
こっちこんといて!!
井上あなた
待てー
道枝駿佑
おはようございます、って朝から騒がしいですね
藤原丈一郎
ほんまやで笑
高橋恭平
てか、なんで指にお味噌つくん?!
井上あなた
お味噌汁作っててん!
高橋恭平
手ぇ洗いーや!
井上あなた
いやー、まず恭平の髪が大変やから!
高橋恭平
やめてぇ!
西畑大吾
ったく、おい!
井上あなた
ビクッ
高橋恭平
ビクッ
西畑大吾
朝っぱらからギャーギャーギャーギャー、やかましいやろがい!
あなた・恭平
す、すんませんでした!
と、まぁこんな感じの生活を続けてます笑



毎日楽しくて、もう笑いが耐えんの!






でも、時々瑞稀お兄ちゃんのことを思い出す

私はなんにもしてあげられんかった…


逆に助けられてばかり…


瑞稀お兄ちゃん…会いたいよ…
屋上
井上あなた
…グズ、グスッ
西畑大吾
相変わらず、よぅ泣くな
井上あなた
…大吾くん
西畑大吾
まだ瑞稀のこと…
井上あなた
なんでだろうね…笑
未だに忘れられないの…
井上あなた
瑞稀お兄ちゃんと過ごした、日々が…
西畑大吾
あなた…
井上あなた
ほんっとに楽しかった…
両親がいないって分かってても、何故か楽しかった
井上あなた
きっと瑞稀お兄ちゃんがひとりじゃないって、言葉じゃなくて、行動でつたえてくれてたんだろうなって
井上あなた
だから、私と瑞稀お兄ちゃんが本当の家族じゃなくても、悲しくはなかった
西畑大吾
そっか…
井上あなた
微かに聞こえるの、私の名前の呼ぶ
瑞稀お兄ちゃんの声が
井上あなた
その声がっ…とっても…とっても、あったかくてっ、涙が、止まらないのっ…
西畑大吾
あなた…
ギュッ
井上あなた
西畑大吾
大丈夫、大丈夫やから
お前には俺らがついとる
井上あなた
だっ、大吾くんっ…
西畑大吾
今は、ゆっくり泣き
井上あなた
…!
大吾くんの声が、すごく、瑞稀お兄ちゃんに似てる


誰かの腕の中って、こんなにも暖かかったんだね



すごく、落ち着く…








きっとこれは大吾くんの温かさ















大吾くんの優しさの塊なんだ…