無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

Story.1
私は、どこに向かって、何をすればいいのだろう。

兄も家族もいない。


いるのは、超能力者を持った7人の男達。
こいつらとの出会いは…
井上あなた
お兄ちゃん!!
井上瑞稀
ちょっと待てってwww
井上あなた
はーやーくー
井上瑞稀
はいはいwww
政府「井上瑞稀・井上あなただな」
井上瑞稀
だ、誰だよ
政府「政府の人間だ。ご同行願う」
井上瑞稀
あなた、逃げろ
井上あなた
…?
井上瑞稀
ここに俺の知り合いがいる
この紙を頼りに、会ってくれ
井上あなた
お兄ちゃん?
井上瑞稀
行け!
井上あなた
…ごめん、ごめんなさい!!
その時はまだ幼く、『人間選別』というものがあった

ことすら知らなかった…
井上あなた
ここ…?
ずっとずっと探し続けて、隠れ続けて

やっと見つけた。

そこは古い倉庫のような所だった。

道を外れた者たちがいるような、ありきたりな所。
井上あなた
あの
西畑大吾
…誰や?
井上あなた
井上瑞稀の妹なんですけど
西畑大吾
あぁ、聞いたで
捕まったらしいな
井上あなた
はい
大西流星
大ちゃん、ってあれ?女の子?
西畑大吾
瑞稀の妹
大西流星
あー
長尾謙社
よろしく!!
長尾謙社
名前は?
井上あなた
井上あなたです
西畑大吾
よぅ似とるなぁ
井上あなた
そうですか?
大橋和也
丈くん、なんでプリン食べたん?!
藤原丈一郎
死にそうやったんや!
大橋和也
どういうこと?!ってあ、久しぶりー
井上あなた
どうも
藤原丈一郎
おー、デカくなったな
井上あなた
ありがとうございます
高橋恭平
ちょ、鏡持ってない?
高橋恭平
それかくし
道枝駿佑
くしなら持っとる
高橋恭平
ん?これ出来んで?
道枝駿佑
こうすんの シュシュシュ
高橋恭平
おー!すげぇ
道枝駿佑
あ、どうも
井上あなた
あ、どうも
高橋恭平
えー、可愛いな
井上あなた
井上あなたです
高橋恭平
あなたちゃんな!よろしく!!
こんなチャラそうな人達がほんとにお兄ちゃんの

知り合いなの?

童顔の人とプリンの人ともう一人しか知らんけど
これから、この人達と生きてくの?