無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

Story.12
西村拓哉
まず、長尾くんは…
西村拓哉
いじめが原因
井上あなた
8月15日
彼は心優しい人だった

誰にでも笑顔で、みんなから好かれていた
だが優しさ故に、悪事に手を染めてしまった
男子1「長尾、ちょっとコンビニ行こうぜ」
長尾謙社
うん!いいよ!
男子1「おい、今から万引きしよーぜー」
男子2「いいな、やろやろ!」
男子3「死角作れ!」
長尾謙社
でも、こんなことして…
男子3「は?さっさとしろよ」
男子1「まじおもんねぇ」
長尾謙社
…分かった
だが直ぐにバレて、警察に捕まった
男子生徒たちは直ぐに逃げたが、

長尾だけが取り残され、警察に捕まった


それから彼はいじめに逢い、

『この世から消え去りたい』という思いが強くなり


透明術が手に入れた
西村拓哉
こんなことあったんよ
井上あなた
…そうなんだ
岡崎彪太郎
恭平くんは…
2月28日
彼は容姿や性格がとてもよく、

人気者だった



だが、彼には欠けているものがある


それは『愛』。




彼は人気者だが、人を信じられず


人気者の皮を被った、愛に飢えた青年だ
高橋恭平
母さん、俺さ
高橋母「ちょっとうるさいわね
あ、これから出かけるから、ご飯テキトーに食べてよ」
高橋恭平
あ、うん
彼は知りたかった


母が自分をどんな風に思っているのか



果たして自分は生まれてよかったのかを




彼は母親の思いを見たかった
『知りたい、見たい』という思いが強くなり


彼は透視術を手に入れた
岡崎彪太郎
って感じ
井上あなた
…そう、なんや