無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

Story.14
大西風雅
道枝くんは…
7月25日
彼は美しかった

だが、非常に大人しかった

なかなか思いを伝えられず、

殻に閉じこもる毎日


母子家庭だった彼は、母親とよく喧嘩をしていた

道枝母「あなたが何考えてるのかわからない…
あなたは一体何を言いたいの?」
道枝駿佑
俺は別に…
そして、ストレスなどで母親は過労死

彼は後悔したのだ


『なぜもっとまっすぐに気持ち伝えられなかったんだろう』と


『伝えたい』という思いが強くなり、

彼はテレパシー術を手に入れた
井上あなた
グスッ…
岡崎彪太郎
流星くんは…
8月7日
彼は可愛らしかった

誰からも愛され、愛に肥えていた


ある日を境に、どん底へと突き落とされた

それは『危険ドラッグ』だった

要因は父親
大西父「流星、ちょっとこい」
大西流星
何?
大西父「これやってみろ」
大西流星
注射?
大西父「そうだ」
大西流星
でも、これ危険なんじゃ…
大西父「大丈夫だから
さっさと差せよ」
大西流星
プスッ
大西流星
痛っ
そして、だんだん彼の体はどんどん蝕まれていき、


そして、殺人をも犯すようになった


だが警察に捕まり、一時的、強制的にドラッグを

辞めている


だが、彼の頭にはまだ残っていた

あの快楽と中毒性

その恐怖から逃げ出したいと思うようになった

『逃げたい』という思いが強くなり、


浮遊術を手に入れた
井上あなた
危険ドラッグ…
西村拓哉
そんで最後に大吾くん
井上あなた
…!
西村拓哉
大吾くんは…
------------------------

内容ヤバくないですか?

書いててやばって思いました…笑