無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

人気者!!!





『それでね?大光がさ〜w』


作間「まじ?ww さすが大光ww」


猪狩「その場に俺もいたわww」



橋本「あ〜 お話中申し訳ないんだけどあなたの携帯どうした?」


『ん?あ、ごめんごめん』









どうもこんにちは堀田のあなたです。

え〜、橋本さんが言っているわたしの携帯は通知のことですね、

ほんと語彙力なくて、、(


実はぶーぶーぶーぶーいってる原因は同じ学校の男の子のせいなんですぴえん🥺









井上「で?誰なのその通知の主」


『ゲームじゃない?』


髙橋「明らかに「LINE」って言ってるよね」


作間「そんなにしつこいってことは、、」


「「「「「男?」」」」」






『違う!多分!絶対!!!』



猪狩「ぴぴー!携帯調査致しますので少しの間携帯貸してくださーい」


『あ〜!!!返せ〜!!!!!』


橋本「あなたさん密なので離れてくださ〜い」


髙橋「お前パスワード誕生日とかセキュリティ弱いんれすけろ!」


井上「アホだからしょうがない」


作間「あれれあなたさんこれは男ですねー」


『あ、終わった』


橋本「なになに、僕はあなたちゃん以外見れないよ、だって」


髙橋「告られてんじゃん、??!!」


井上「こんなブスに告るやつ俺が許さねえ」


『ブスじゃないし〜!!てかブスなら許して!!!!』


猪狩「1日100件は余裕越えじゃない?w」


作間「よく携帯重くなんないね」


『わたしの携帯優秀ちゃんだから😉✨』


橋本「え。まてまて既読着いた!見てくれてるんだね、って来たけど、??」


髙橋「は?!やばいやばいやばい!!!!」


橋本「電話きた電話きたww」


井上「切れ。」


橋本「ごめん瑞稀手遅れ🥺」


猪狩「やべぇ修羅場になるwww」



「もしもしあなたちゃん?見てくれたんだね、!!」


髙橋「うん、見たよ♡」(高音)


「あなたちゃん声がちょっと変じゃない?大丈夫?今から家行こうか?」


橋本「大丈夫だよ!♡」(高音)


「声変わった、?」


『ふっ、』(笑いこらえてる)



「まぁいいや!いや〜僕ジャニーズと話しちゃったよ、」



井上「やっぱりそれ目当てじゃねえかよ」



「「「「「「 あ 」」」」」」



「誰だ?!」



猪狩「きれきれきれきれ!!!」(小声)





ぶーぶーぶー





作間「HiHiの印象悪くなったw」


『2人とも高音で話してんのツボなんだけど!!!www』


橋本「ええ♡ そんな事ないでしょ♡」(高音)


髙橋「もーあなたちゃんったら♡」(高音)


『しんどwwwwww』


猪狩「1人不機嫌な方いるんですけど〜」


井上「....お前何勝手に告られてんだよ...」


『ごっめええええん😉😉』


井上「もう明日からあなたの教室に居座るわ」



『やめろ大迷惑だ』