無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

8
2019/09/26

第7話

6話
今日体育大会(体育祭)だったんです。
好きな人とは話せなかったんですけど。ひとつ嬉しいことがありました。
私が出る種目二人三脚で。
走り終わったあと1位などの旗の後ろに座るんですよ。でまぁ。6位だったんです。(これはほんとに男子のせいです。私たち100メートルずつなんですけど私たちの時は走って2位まで追いついたのに男子が歩いてあとの100メートル言ったので6位になりました.......。)
そこにいた私の親友の好きな人が5位で隣にいました
MILK
MILK
あ。男子友達ー!!!
5位だったんだねー!
うち達までは2位だったのに😭
咲良
咲良
ほんとだよー。もー。あの二人ほんとにウザイ走れっつーの!
MILK
MILK
あんまり。責めたりしたら行かんよ?自分でも責めてるかもだから
咲良
咲良
だって。ウザいんだM.......
MILK
MILK
もー!!いーのー!
男友達2
www
おいMILK!
相変わらずだねーほんとにーwww
MILK
MILK
えー。
男友達
てか近くで見ると意外と可愛いヤーン
MILK
MILK
(あれ.......聞き間違えかな.......うん。そーだよね。)だってー!さくらーw
咲良
咲良
えー?何ー??なんて言ったー?
男友達
いや。何にもー
こんな会話があって。
私の親友が熱で休んでて。なので。
どんな性格が聞いてみたら.......
コーヤって親友が言うんですよ。
私に好きな人いるって話してたので多分セーフだと思います。
男友達
お前の好きな人って男子友達2だろー??
男友達2
えー。MILKーなんて無理だわーwww
MILK
MILK
私だってお前なんか無理だわー。どんまい。うち同じ小学校でも🔻🔻小学校でもないからー
咲良
咲良
ねー!
男友達
てことは○○小学校の人だー!!!
男友達2
お前バカやんwww
MILK
MILK
あ.......
っていう感じだったので。少し楽しみつつもちょっと心がモヤついてましたw
では。また何かあったらお話にしたいと思いますー!次回7話