無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

Three
____side
んがーーーーーーーーー!?!?!?!
ちょ…まふまふうるさい。
本気でうるさい。












まふまふの人生で1番でかい声なんじゃないかってくらいでかかった。耳壊れる()
まふまふ
う…うぅ…そらるさ、ん……
そらる
なに…てかなんで泣いてんの……
まふまふ
ぼ、ぼ僕……今日死ぬかもしれない…
そらる
はぁ?



何言ってんのこいつ……
まふまふ
こ、れ…
そらる

Twit◯er的なやつの_D◯_的なやつ
まふまふ
『柚瑠さんこんにちは!
まふまふと申します。
柚瑠さんとコラボをさせて頂きたくD◯を送らせていただきました。お時間がある時で結構ですので返信頂けると幸いです。』
あなた

『まふまふさん、こんにちは。
今までコラボというものをやった事が1度も無く初めてなので何が何だかわかりませんが私でよければよろしくお願い致します。』


------------------
そらる
は、えっ…?は?!まふまふお前っ…!
まふまふ
あぁぁぁぁぁ死んでもいいぃぃぃぃ……!!!



まふまふずるい……




俺だってコラボしたかったのに………













あー…いいこと思いついちゃったぁ…
(そらるside)