無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

thirty
あなた

もう…どうして急に来たんですか?
マネさん。

マネージャー
もう…マネって言わないでって何回も言ってるのに、、、
って言うかゆずが来てって言ったんでしょ?!一緒に悩んで欲しいって!
あなた

あぇ……?
あー…そうでしたすんませんw



そう。


さっき部屋に入れたのは………






















私のマネージャーさん!!!!


通称マネさん!←


なんか察して電話してきてくれて来いって言ったらほんとに来てくれました((え
マネージャー
で?なぁんで勝手に決めたの…?
あのこと忘れてないんでしょ?
どうして辛いことを思い出そうとするの、、、
あなた

んー…だって今回は、…いや前回もか、、、
お客様がいるから。またあんな風になりたくないし、お客様に私が出演するか決めてもらいたかった。
私が辛い思いしてでも。

マネージャー
…そっか。。
でもどうするのよ…あんなことにまたなったら。。
あなた

それは…もうその時!
大丈夫!なんとかなるって!!

マネージャー
…じゃあなんでそんな手が震えてんのよ、、、
あなた

…れは、、


あ、やべばれた










やっぱマネさんの観察力には叶わないな…




それからいっぱいマネさんの胸で泣きました






……うん、何これ。