無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

thirty three
まふまふside____


柚瑠さんのあの発言から僕は一睡もしてない。





いや、出来てない…か。







……いやだってさ!?

あの放送の日、急に言われたんだもん。





僕のせいで柚瑠さんは叩かれて、僕はのうのうと生きる?







そんなこと出来ない。



すべての責任は僕にあるのに_____。

《プルルルルルルップルルルルルルッ…》


ん?




……っ柚瑠さんだ!!!!
まふまふ
も、ももももももももしもし!!!!
あなた

『まふまふさんおはようございます。
柚瑠です。LIVEの件なんですけど…』

まふまふ
あ、は、はい…
あなた

『私をひきフェスに出演させていただけませんか?』


……やっと聞きたかった言葉が聞けた。。。








柚瑠さんのその問いかけの答えはひとつしかない。
まふまふ
…っもちろんです!!!!!!!
他の出演者の人達にも言っておきますね!!あとスタッフも!!!
あなた

『何から何まで本当にありがとうございます。』

まふまふ
いえいえ!!
あなた

『……あ、すみません。。来客が……
後でまた掛け直しますね。』

まふまふ
はーい!
あなた

『では。』

あなた

『まふまふさん________!
___、_____…______!』

《プツッ》
まふまふ
へ?
今……ほんとに柚瑠さんだった、、、?




やっばい…あれは、、、
まふまふ
…っ〜〜〜!!
まふまふ
…あれはずるいでしょ……