無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第39話

thirty nine
スタッフ
あ、柚瑠さん!柚瑠さんからリハーサル始めるので準備お願いします。
あなた

分かりました。

まぁ大笑いしてるおふたりは置いておいて←←





スタッフさんに言われた通り準備する。













まぁ準備って言っても荷物置いてイヤモニ付けてマイク持ってステージ行くだけなんだけどね?←
スタッフ
柚瑠さん入りまーーす!
あなた

本日はよろしくお願いします。



センラside____


坂田と志麻くんが大爆笑してるのを横目に、柚瑠さんはスタッフさんに呼ばれてステージへ。





俺は、坂田と志麻さんを落ち着かせてこっそり見に行こうと提案をした。







そして今、ステージの客席。



………凄すぎる。



歌が本当に上手。ほんと上手すぎる。






口から音源が流れてるんじゃないかレベルで音外してない。





……俺達が一緒にLIVEしていいのかって感じ。

そしてめっちゃ美人!!!!!!



スタイルの良さ!!!!!!



これやばいで????




ほんっまにやばい。俺の元カノよりかわええ。



まぁそんなん当たり前なんやけど←←←←







ぱっちりとキリッとした目。


すらりと通った鼻筋。


ぷっくりとした唇。


足の長さと細さに顔の小ささ。


ほんまに何頭身あんねんって感じやんな←


そして誰もを魅了させるようなとても可愛らしい笑顔。





……これは、、、








天使や!!!女神や!!!


うらたん狡い!!!!(((