無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

fourteen
うらたぬきside___



今日、引っ越して来てお隣さんに挨拶でもしに行こーかなぁ〜なんて思ってた矢先。




なんかバリバリメイクした量産型女……あれが今は地雷系ってやつなのか?


まぁ知らねぇけどそんな非常識な奴がお隣さんの家のドアを叩いてた。



しかも『ゆずたん』って言ってて、、、




柚瑠さん…???




いや、まさかな。



なんて思ってたらドアが開いた。

あなた

…浦田さん?ですよね?どうぞ。
立ち話もあれですし家入ってください。

うらたぬき
え、いや…
あなた

は、早く入って欲しいです…

うらたぬき
あっはい…!!


え、何見た目めっちゃ美人で声もかっこいいというか透き通るような素敵な声なのに行動かわいいとか何???




え?何この方。女神じゃん((
あなた

あ、の…先程は助けていただき誠にありがとうございました。

うらたぬき
え?!いえ、そんな感謝されるようなことは…
あなた

いえ、、私あんなことされたの初めてで…仕事の歴は長いのに経験がなくてどういえばいいのか分からなかったので本当に助かりました。
本当にありがとうございました。

うらたぬき
いえいえそんな…


…ん?









仕事歴は長いってなんだ??

市川さんってあれだよな……20代だよな…




モデルとか?



え、でもこんな綺麗な方見た事ねぇな……
うらたぬき
あの…お仕事って何されてるんですか…??
あなた

あー…、、、それは言えないですね、。すみません。。。

うらたぬき
どうしてもですか…?
あなた

はい。

うらたぬき
俺も市川さんの仕事が分かれば隣の家なんでまたあったら守れるかもしれないのに?
あなた

……。

いや、俺何言ってんだよ!!











彼氏じゃねぇんだからさ!!




やべぇ絶対引かれた。。





黙ってるし…
あなた

……っ分かりました。
秘密は守ってくださいね?あと、絶対にSNSに書き込まないようにしてくださいね。

うらたぬき
分かりました。
よ、良かったぁ……








引かれてくて…あっぶな。。
あなた

……私、柚瑠っていう名前で歌い手活動をしています。

うらたぬき
え。
うらたぬき
えぇぇぇぇぇ?!?!?!


いや俺の勘当たってたんだけどぉ?!?!