無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第46話

thirty six
スタッフ
あれ、坂田さんと柚瑠さーん!!
どこにいらっしゃるんですかー!!!!


あれっ、もうそんな時間???







…やっべ戻んなきゃ!
坂田
…戻るかぁ
あなた

うん、戻ろっか。



今から全員で歌う曲のリハーサルをするらしい。








やばい。めっさ緊張する、、、




そんなことを思っているとステージの上で待っている歌い手の皆様が見える。
あなた

お待たせしてしまって大変申し訳ありませんでした。

まふまふ
いえ!全然大丈夫ですよ!!
スタッフ
よーしでは早速開始します!!





そして1時間後___
スタッフ
本日のリハーサルは以上です!
また明日よろしくお願いします!
お疲れ様でした!!
まふまふ
お疲れ様でした!
そらる
お疲れ様でした〜
うらたぬき
お疲れ様でした!
坂田
お疲れした!
志麻
お疲れさんでした!
センラ
お疲れ様でした〜















終わったぁ〜!!!!!!(クソデカボイス)






いやもうびっくりびっくり!

こんな疲れると思ってなかった…!


明日も朝早いしもう上がろかな〜!








そう思っていたらあらびっく(り)やまと〜(((((殴



あほた(坂田さん)に腕引っ張られてんの、



かわいいね(刺される)
あなた

どしたの?

坂田
えっと…一緒に写真撮らん?!
あなた

…いいよ、撮るかぁ〜


そんなキラキラしてる目で見つめられたら断りきれないじゃーん



ラブソウスウィート流れちまうぜほんとに((刺される←))
なんかめっちゃ見られてるな?????







そう思っていたら案の定私は囲まれてみんなと写真を撮ることになりました。





めでためでたし。










……うん、なにこれ(まだ続きます)