プリ小説

第3話

出逢い。
トンットンットンッ...

あなた
、。?誰か、、?来た、?
知らない人
ねぇ 君今1人?
知らない人
こんな所居ても暇でしょ?
俺らと今からどこか遊びに行かない?w
あなた
(え...誰この人... 私こんな人知らない..。)
知らない人
聞いてんの?
あなた
ぃ、いやそんな事言われても...
あなたの手を掴んで無理矢理
車に乗せようとする
知らない人
別に良いじゃん俺らと遊びに行こーぜ
あなた
嫌ですっ!!やめてくださいっ‼︎離してッ‼︎
あなたが必死に抵抗しても
大人の男の人には歯が立たない

あぁ もう連れ去られるのかな
なんて思っていた時...
マホト
離せよ!その子俺の彼女なんだけど
知らない人
チッ...お前1人じゃなかったのかよ
警察でも呼ばれたら面倒だし
早く行こーぜ
ブーン (車が過ぎ去って行く)
マホト
大丈夫?ケガとかなかった?
俺の彼女とか言っちゃってごめんね。
それ以外に思いつかなくて、。(笑)
あなた
ぁ、あの、助けてくださってありがとう
ございました、。、
マホト
良いけどこんな時間に女の子1人で
危ないよ?親も心配してるだろうし
早く帰りな
マホト
家まで送ってってやるからさ
あなた
あの実は...
あなた
親に家追い出されちゃって....笑、
本当私って情けないですよね、笑、
あなた
虐待とか日常茶飯事で....
久しぶりに親が帰って来たと思ったら
こんな事になっちゃって...
あなたの頬に涙が伝う。
マホト
ギュッ(あなたを抱きしめる)
急に、しかも初対面の人に
抱きしめられて私は一瞬
何が起こったのか分からなかった。
マホト
大丈夫...辛かったのによく我慢したな
マホト
もう我慢しなくてもいい
マホト
あのさ、もし良かったらなんだけど
仲間家に来ない?
あなた
仲間家って何ですか、、?、
マホト
んーまぁ簡単に言っちゃえば
俺とか俺の友達が一緒に住んでるとこ。
マホト
じゃあここにいるのも危ないし行こっか、
なんだか優しそうな人。
これから今までの分も幸せになれるといいな。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

 🏁 #わ た な べ _ 。
🏁 #わ た な べ _ 。
"渡 邉 摩 萌 峡" "北 川 大 雅" 清 純 派 Y o u T u b e r の あ の 人 が 好 き 清 純 派 リ ス ナ ー た ま に ゆ る く 更 新 し て ま す 。 お 気 に 入 り し て 頂 い て あ り が と う ご ざ い ま す 、 ! 本 当 に 不 定 期 で 急 に 投 稿 と か も あ る の で そ こ ら 辺 は 把 握 よ ろ し く で す 、 。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る