無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第18話

18
1時なり、急いで翔北に向かった…
2時ごろ翔北に着いた
白石恵
白石恵
あなた先生?
こんなに早く来なくても大丈夫だったのに…
あなた

すみません。
ちょっとやりたいことがあったので…

あなたは更衣室へと向かった…
そのころ、スタッフルームに電話がかかって来ていた…
看護師
もしもし
受付の人
あの〜、救命に用事があるって人から電話がかかって来ているんですけど、救命の先生に変わっていただけますか?
看護師
はい、わかりました。
今呼びます。
看護師は近くにいた緋山先生を読んだ。
看護師
緋山先生!
緋山美穂子
緋山美穂子
なに?
看護師
なんか救命の先生に用事がある方からお電話です。
緋山先生は電話をかわった。
緋山美穂子
緋山美穂子
お電話変わりました。救命の緋山ですが救命にどのように用事でしょうか。
お母さん
お忙しいところすみません。
あなたの母です。いつもお世話になっています。
緋山美穂子
緋山美穂子
あ?えっと…、こちらこそお世話になっています。
お母さん
折り入ってお願いがあるんですけど…
緋山美穂子
緋山美穂子
はい…
そのあと、緋山とお母さんは10分ほど話をした。
緋山はその内容を白石達にも話した。


その日の夜はあなたと藤川と名取が当直だったが、そんな大きな搬送はなかった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

yuu☆
yuu☆
たくさんの方に見ていただけると嬉しいです‼︎
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る