無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

16
それから3日後…
あなた先生は目を覚ました。
検査をしたが問題はなかった。心臓以外は…
白石恵
白石恵
よかった。目が覚めて。
あなた

すみません。ご迷惑おかけして。

白石恵
白石恵
あのさ…、ずっと聞きたかったことがあるんだけど…、聞いてもいいかな?
あなた

はい。

白石恵
白石恵
薬ちゃんと飲んでる…?
あなた

え、あ、はい。
飲んでますよちゃんと。

その時、藍沢がきた。
藍沢耕作
藍沢耕作
本当か?
藍沢耕作
藍沢耕作
本当に薬飲んでんのか?
あなた

はい…飲んでますよ…

藍沢は何も返信を返さず、一言だけ言った。
藍沢耕作
藍沢耕作
今度、ちゃんと話ししよう。
藍沢がこんなこと言うなんてあり得なかった…
白石は、ずっと動揺していた…
昼、食堂で…
緋山美穂子
緋山美穂子
あいつに聞いたの?薬飲まない理由
白石恵
白石恵
薬飲んでる?って聞いたらはい。って言われて本当にって聞いてもはい。って言うから何も言えなかった。
緋山美穂子
緋山美穂子
何やってんの白石…
早く飲ませないと死ぬよ。
白石恵
白石恵
わかってるけど…
白石恵
白石恵
あ、今日の藍沢先生なんかおかしかったの…
緋山美穂子
緋山美穂子
どういうこと?
白石恵
白石恵
私があなた先生に薬飲んでるのか聞いたときに藍沢先生もいたみたいで、本当に飲んでんのかって聞いてたの、
緋山美穂子
緋山美穂子
別にそれ何もおかしくなくない?
白石恵
白石恵
そのあとがすごかったの。
藍沢先生に聞かれてもあなた先生、飲んでますって答えたの、それで、藍沢先生が今度ちゃんと話ししようって言ったの。へんじゃない?
普段の藍沢先生なら怒るか、ほっとくかのどっちかだよ?
緋山美穂子
緋山美穂子
うん。それはおかしい。
藍沢らしくない。なんか気持ち悪い。
白石恵
白石恵
そこまでは思わなかったけど…
それからあなた先生の体調は良くなり仕事に復帰できるようになったが…
いつまでたってもあなた先生は本当のことを言おうとしない…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

yuu☆
yuu☆
たくさんの方に見ていただけると嬉しいです‼︎
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る