無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

次の日の朝…
あなたは当直室で朝を迎えた…
6時に起きるつもりだったけど、7時過ぎになってしまった。
スタッフルームに行くと名取先生と白石先生と幸村さんかいた。
白石恵
白石恵
もしかして、昨日ここに止まったの?
あなた

はい。
家に帰っても寝る時間ないからここで寝たほうがいいかなと思ったので…

白石恵
白石恵
じゃあ、家戻っていいよ。
疲れてるだろうから、
藤川さんと冴島さんと灰谷先生と午後からだから。
あなた

大丈夫です。
ちゃんと寝れたので。

白石恵
白石恵
だめ。
ちゃんと休まないと体がもたないよ。
休むのも仕事。
白石恵
白石恵
あなた先生は今日当直でもあるから午前中は休んで。午後6時くらいに来てくれればいいから。
あなた

わかりました。
でも、家に帰るのも時間かかるので当直室で寝ます。

白石恵
白石恵
うん、そうして

不意に後ろから声がした…
真琴
お姉ちゃん!
琴音
お姉ちゃん‼︎
2人に勢いよくあなたに飛びついた。
あなた

真琴みこと琴音ことねじゃん。
なんでいるの?

真琴
ねーねが昨日帰って来なかったから心配で悲しくなっちゃって涙が出できて寂しかったから連れてきてもらったの。
お母さん
ごめんね。忙しいはずなのに。
琴音ことね真琴みことが全然聞いてくれなくて。
あなた

大丈夫だよ。

琴音と真琴とは血が繋がっていない…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

yuu☆
yuu☆
たくさんの方に見ていただけると嬉しいです‼︎
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る