無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

ストーリー1
嶋川みずき
嶋川みずき
おはようございま〜す😊
櫻井翔
櫻井翔
みずき、語尾伸ばすな
嶋川みずき
嶋川みずき
あっ🤭
相葉雅紀
相葉雅紀
なかなか直らないね、語尾伸ばすの
嶋川みずき
嶋川みずき
ですね〜😊あっ🤭ですね…でした
メンバー
メンバー
(爆笑)
松本潤
松本潤
ところで、みずき何持ってんだ❓
嶋川みずき
嶋川みずき
あっ🤭これですか❓今、事務局で受け取って来たんだけどね差出人が不明
そう言って、みずきは受け取って来た荷物を開けた。その瞬間
嶋川みずき
嶋川みずき
わぁ!(中を見て、後退りした)
相葉雅紀
相葉雅紀
みずき、どうしたの❓
(そう言って、みずきの隣に立って中身を見て)
何これ…
二宮和也
二宮和也
どうした❓何が入ってたんだ❓
荷物の中には木製の人形が入っていて右肩の辺りに銃弾があり、赤く染まっていた
松本潤
松本潤
これは血じゃない…ペンキだ
櫻井翔
櫻井翔
……
嶋川みずき
嶋川みずき
何の為に…
二宮和也
二宮和也
悪戯にしたらタチが悪いな
大野智
大野智
事件だぞ

席に着け
そう言って、室長の大野が入って来た

事件は、射殺事件だった

6人は現場に急行した