無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

ストーリー18
しばらくすると、智が矢野を見つけた
大野智
大野智
矢野さん…嶋川と…
と言いかけた…矢野の顔はひきつっている
それもそのはず、矢野の背後には銃を持った西川奈々美がいた

奈々美:銃を置いて…

智は、ゆっくり銃を足元に置いた

その時
櫻井翔
櫻井翔
もう…止めろ
観客席から翔の声が聞こえた。
そして銃を奈々美に向けた
櫻井翔
櫻井翔
もう…よせ
翔は静かに言った

奈々美の背後には対策室のメンバーがいた
櫻井翔
櫻井翔
君が、そんな事をしても武藤さんは喜ばない
奈々美:…本当の黒幕は、コイツなの

奈々美は憎しみの目で矢野を見た
櫻井翔
櫻井翔
やっぱりそうだったのか…
翔は、ためらいもなく矢野に銃を向けた
その瞬間、奈々美に一瞬の隙が出来たのを智は見逃さなかった…そして
『撃て‼️』と言った…

その言葉に応えるように翔は、奈々美の方に銃を向け素早く引き金を引いた。すると奈々美の手から銃が落ちた。間を開けず、みずきが奈々美を取り押さえた



奈々美が逮捕され連行されて行く…
翔は、歩み寄り
櫻井翔
櫻井翔
申し訳ありませんでした
そう言って頭を深々と下げた

奈々美:…彼に最後に電話したの…私だったの…
そのせいで、あの人撃たれたんじゃないか…って…ずっとずっと…思ってた

あの時、電話さえしなければ…と自分を責めていたのだ。翔と同様に彼女も苦しんでいた
櫻井翔
櫻井翔
花は…自分が…
奈々美は黙って小さく頷いた

翔の元に智が歩み寄り
大野智
大野智
さすがだな😊

衰えてない…もう過去に生きるのは止めろ
そう言って笑った