無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

38話
壱馬
姉ちゃん、来る時ぐらい連絡してな?

お姉ちゃん
え、いいじゃん❤壱馬に会いたいんだし

壱馬
俺も用事とかあるんよ?今日もあなた家にいるんだしな

お姉ちゃん
まあいいじゃない!2人ってHしたの?

壱馬&あなた
はっ…???

お姉ちゃん
えっ?嘘でしょ!私は高校生の時にしたわよwww壱馬!

壱馬
はっ、はい…

↑↑↑ちょっと弱気になる壱馬w

お姉ちゃん
伝授してあげる❤

壱馬
( ゚∀ ゚)ハッ!もう、姉ちゃん帰ってって!

お姉ちゃん
どうせ学校で下ネタ言ってるんでしょ?

壱馬
う、ま、まぁ

お姉ちゃん
ほら。まあいいわ。今日は帰ってあげるから。わざわざ大阪からきたのに

壱馬
ゴメンな…

あなた心の声
何この空気…壱馬の顔見ずらいじゃん!

壱馬心の声
姉ちゃん、余計な事言うなよ。あなたビビってるじゃんかよ…

壱馬
ゴメンなあなた

あなた
ううん。大丈夫だよ笑笑お姉ちゃん可愛いね

壱馬
見た目だけだけどなwww
姉ちゃん、めっちゃヤンキーだったんだよね。俺よりも

あなた
そうなんだ。全然そんな感じに見えないけど。

壱馬
ちょっとは落ち着いたのかもw

そこから2人で小さい時の自分の話しとかをしました。

あなた
ありがとう壱馬。次のデートは12月24日だね。

壱馬
うん。じゃあな。また明日