無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第44話

44話
壱馬の家

壱馬
└( 'Д')┘ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙明日から学校行かなくていいのは嬉しいけどあなたに毎日会えないじゃん!
(ベットに倒れ込む)

壱馬
部活は…???ねーじゃん!

ピンポーン

壱馬
はーい!

海翔
壱馬先輩!泊まりに来ました〜

玲弥(サッカー部1年)
壱馬先輩の家、はじめて来ました!すげー

壱馬
おいおい、聞いてねーぞこんな話!

海翔
だって暇じゃないっすか。

壱馬
それはそーだけどw

玲弥
そうゆーこと何で俺ら2人ぐらい泊めて下さいよ!

壱馬
俺も暇だしな。まぁいいわ。

海翔&玲弥
(っ`-´c)アザッ!

玲弥
壱馬先輩って意外に綺麗にしてるんですねw

壱馬
意外か?

海翔
壱馬先輩にはあなた先輩がいるからな!可愛いですもんねw

玲弥
壱馬先輩ってサッカー部でも話してるんですけどあなた先輩の前だと男じゃないっすもん

壱馬
どーゆー事だよ!

海翔
なんか、あなた先輩の前だとほっぺが緩んでる様に見えるって言うか…にやけてます!

壱馬
そんなんじゃねーだろ

海翔
結構顔に出てますよ!気づいてないとでも思いました?

玲弥
気づいてますよ、壱馬先輩!



その頃…あなたは

あなた心の声
壱馬に作ったケーキ渡してこよっと!喜んでくれるかな?

ピンポーン

あなた心の声
壱馬、いないかな?



ピンポーン

壱馬
俺出てくるわ。はーい!

あなた
あっ、壱馬これ暇だったからケーキ作ったの。

壱馬
えっ?まじで!?超嬉しいんだけど!



玲弥
なんかめっちゃ騒いでない?

海翔
こっそり行ってみよーぜ

↑↑↑静かに近寄る後輩2人w

海翔
あつ、あなた先輩!

玲弥
あなた先輩!お疲れ様です!

壱馬
あっ、お前ら出てくんなよ!

あなた
2人とも来てたんだ。

海翔
あなた先輩入って下さいよ!

玲弥
そーですよ!壱馬先輩なら許してくれます!

壱馬
2人もいるし入るか?

あなた
じゃあ、ちょっとだけ