無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

4話
今日は壱馬とはじめましてのデート❤

あれから何日間か学校で生活したけどりおもほくちゃんも気づいていない!

あなた心の声
壱馬まだかなー?壱馬の私服ダサかったら嫌だなw

壱馬
だーれだ?

あなた
壱馬っ!

あなた心の声
壱馬の私服めっちゃかっこいいんだけど!やばい

壱馬
ごめん、待たせて!

あなた
大丈夫!壱馬…かっこいいんだけど!

壱馬
照れるって(/// ^///)
あっあなたに渡さないといけない物があったんだ。

そう言って壱馬が取り出した物は…

壱馬
はい、これ。開けてみて。

あなた
……あっ、これ壱馬が学校でしてるピアスじゃん!

壱馬
これ、1番気に入ってるんだよね。今もしてるから。してくれない?

あなた
どう?嬉し❤

壱馬
良かった❤

壱馬とはショップセンターの中を一通りブラブラしてスタバで休んでると

???
壱馬ーーーーーーーーーーー!

壱馬
はっ?誰っ!?あっ、まじか。

北人
はい、お話を聞きましょうか。

壱馬
おい、ばかっ!俺たち付き合ってねーよ。


誤魔化してもむだだぞ!だったら、このピアスなんだよ!

壱馬
これはっ……


はい、言葉がでない!

壱馬
うぜー!てか、お前らどんな人数でいるんだよw

北人
じゃあ、話し聞きたいからあっちのテーブルに移動して。

壱馬
まじかよー