無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

27話
合唱リーダー
昼休み、合唱練習するから集まって!

壱馬
俺、サッカーしたいんだけど。

合唱リーダー
だめ!('ω'乂)ダメー
ほら、早く着替えて合唱の練習するよ

あなた
壱馬、本当にサッカーしに行くの?

壱馬
あたりめーだろ?w昼休みぐらい遊ばせてほしいわ。

北人
壱馬、合唱するぞー

担任の先生
壱馬!練習参加しろ!

壱馬
別に、俺が合唱祭出たいって言ったわけじゃないし。合唱に対して思いなんか持ってねーから。よくね?

(壱馬が教室から出て行く)

担任の先生
はぁ。あなた、連れ戻してこい

あなた
わかりました。

あなた心の声
確かに、壱馬の気持ちもわかるなぁ…昼休みだもん。遊びたいよね。

壱馬
あなた!

あなた
うわっ!びっくりしたΣ(゚д゚;)何で私の後ろにいるの?

壱馬
俺、サッカーしに行くつもりなんてなかったんやけど

あなた
じゃあ、何で?

壱馬
絶対、あなたが追いかけてくれると思って。(抱きしめる)

あなた
壱馬…!

壱馬
あなたの体、暖かい。ずっと抱いとれるわ。

あなた
おかしくないなっちゃった!?

壱馬
俺はいつもおかしいぞw

あなた
壱馬、ドキドキしすぎて心臓もたないって!

壱馬
絶対、離せねーからな。(もっと強く抱きしめる)

あなた心の声
誰かに見られたらヤバいよ…

壱馬
照れんじゃねーよ。俺ら付き合ってるんだし。