無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第65話

65話
全国大会決勝

この試合に勝てば全国1位🥇

試合開始

やっぱり決勝だから本当に相手のチームも強い!

開始早々2点取られてしまいました。

壱馬心の声
あなたのためにもぜってー潰す!

2点の失点に焦りも出てきた壱馬たち。
前半はさらに1点取られて3ー0で1点も取れてません。

壱馬
やべー…負ける。

サッカー部顧問
壱馬!そんなこと考えんな!まだ行けるぞお前らなら!

あなた
壱馬、頑張って!絶対いけるから!負けないで!

この応援が壱馬とメンバーに響いたのかここから逆転が!

壱馬心の声
あなたの悲しんでる涙なんて二度とさせたくねーし!

後半残り3分。

3ー3まで上り詰めました!

健太
同点で終わるわけねーだろ!

30秒…

壱馬心の声
くっそ!負けてたまるか!

壱馬の本気モード発動!

な、な、なんとー!

残り10秒の所で壱馬がシュートしてgoal!

ピーッ(試合終了)

壱馬
俺ら、勝ったのか…

↑↑↑放心状態の壱馬たち

健太
壱馬ー、勝ったぞ!

みんなで壱馬の方に走って行きました。

壱馬
ヤバい…。・゚゚ ''゜(*/□\*) ''゜゚゚・。

号泣しすぎてまともに歩けなくなってる壱馬。

でも、その壱馬の顔は嬉しそう❤泣きながら笑っています

壱馬は泣きながら私のもとに来てくれました。

(っ´>ω<))ω<`)ギュッ♥

あなた
壱馬…よく頑張ったね!
。゜(´∩ω∩`)゜。

壱馬を見てたら泣いてしまいました。

壱馬
俺…はじめてあなたの事喜ばせれた…今まで…悲しい涙しか…流させてなかったから…

あなた
ううん。そんなことないよ。壱馬からはたくさん嬉しい事も悲しい事も貰ったから!

壱馬は泣いたままずっと私を抱きしめてくれました。