無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

7話
あっ、私はサッカー部のマネージャーをしてて壱馬もサッカー部!

山田先輩
あなたちゃん、おつかれー

あなた
お疲れ様です!すみません、後輩が早く来なければならない所を。

山田先輩
大丈夫だって。俺、あんまり気にしないし。あっ、ちょっとこっち来て。

あなた
なんですか?

山田先輩について行くと小さい倉庫に連れてかれました。

山田先輩
(急に壁ドンをする)

あなた
先輩……???

山田先輩
壱馬となんか別れてさ俺と付き合ってよ。

あなた
先輩…どうしたんですか!?

山田先輩
俺はあなたちゃんがほしいんだよ。壱馬なんか、ただのヤンキーだ。あいつと一緒にいたら苦しい思いをするだけ、自分の立場が悪くなるぞ

あなた心の声
全然手足が動かないんだけど…どうしよう、蹴り飛ばしていいかな?私の大事な先輩ですよ!?

山田先輩
ほら、俺と一緒に遊ぼーよ。

あなた心の声
やだ…怖い。壱馬、、、助けて…!!!

ガッシャーーーーーーーーーーン

壱馬
すみませーん先輩。カゴに入れようと思って蹴ったらガラス割れちゃいましたねw

山田先輩
お、おい壱馬!これ、ちゃんと顧問に言えよ!

そう言って山田先輩は逃げて行きました。

壱馬
大丈夫か?

あなた
怖かった…:;(∩´﹏`∩);:ぴえん

壱馬
ごめんな。もっと早く気づいてあげれたらこんな思いさせなくて済んだのに

あなた
壱馬…

壱馬
泣くなって〜?な?泣き顔可愛いぞ❤

サッカー部顧問
今、すごい音したけどなにがあった!?

壱馬
すみませーん先生。俺が割っちゃいましたw

サッカー部顧問
また、壱馬か!!!!何回言ったら済むんだ!

壱馬
先生、ちゃんと俺の話し聞いて。山田先輩やて!

サッカー部顧問
優希(山田先輩)が?何でた?

壱馬
山田先輩、あなたに壁ドンしてたんすよwそしたら、へへへへw

サッカー部顧問
ヘラヘラしてんじゃねーよ。しっかり話せ!

壱馬
俺は山田先輩にボールをカゴに入れようとして思いっきり蹴ったらガラス割ったって言ったんすけど本当はガラス目掛けて蹴ったw

サッカー部顧問
結局、お前やないかい!でも、お前らしい助け方やな。で、このガラスの破片片付けとけよ。あなた大丈夫か?

あなた
あっ、大丈夫でした!壱馬が助けてくれたのでw

サッカー部顧問
おい、優希!お前何やってんだよ!

山田先輩
えっ?何がですか?

壱馬
あなたに壁ドンしてたじゃないすかw

山田先輩
おい、それでかい声で言うなよ!

壱馬
もう、顧問に言っちゃいました!w

サッカー部顧問
優希、ちょっと話しがあるからこい。壱馬!お前片付けとけよ

壱馬
ういーす!


壱馬、何やってんだよw

壱馬
あーっ…めんどくせぇー!俺もサッカーしてぇよ。

あなた
私も手伝うよ。

壱馬
サンキューな。龍、向こう行けw


wwwwww

壱馬
結構ハデに割ったなこれw

あなた
私、ビックリした!でも、壱馬が助けに来てくれて嬉しかったよ❤

壱馬
当たりめぇーだろ?大切なやつ守らない彼氏なんているのかよ。でも、無事でよかった。