無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

11話
次の日は体育祭だけど壱馬の家でお泊まり❤

あなた
壱馬の家って意外に綺麗にしてるんだね

壱馬
意外には余計だろw

あなた
この机とか可愛い❤

壱馬
それ、姉ちゃんが買ってくれたんだよ。

あなた
お姉ちゃんいるんだ。どんな人?

壱馬
俺の姉ちゃんは…普通だよ。でも、もう結婚してるんだけどね。

あなた
壱馬が弟ってなんか可愛い❤あっ、今日の夜ご飯はしゃぶしゃぶでいい?

壱馬
やった!全然嬉しい(^.^)あっ、あなたってホラー映画とか好き?

あなた
私、怖いの無理😣見れないよ…

壱馬
今から、ホラー映画見るから俺の横にいて

あなた
私こそ壱馬が横にいてくれないと無理だよ…えー…怖い😱

壱馬
大丈夫だって。ほら、電気消すよ

あなた
怖い…

壱馬心の声
北人が言ってた通り、好きな子とホラー映画見るといい感じになるって言ってたけど本当か?

あなた
怖いから、手繋いでて…

壱馬
まだ始まったばっかりじゃんw

(貞子がテレビから出てくる)

あなた
きゃぁぁぁぁ

壱馬
うおわぁぁぁぁぁぁああああああ

私は思わず壱馬に抱きついてしまいました

あなた
壱馬…ごめん。

1時間後…

あなた
はぁ…怖かった。やっと終わったし

壱馬
意外に怖かったなwでも、あなたちゃんと可愛かったからな。
もう、寝るか

あなた
うん。でも、怖くて寝れないかも

壱馬
大丈夫だって。俺がずっとそばにいてあげるから。




甘々な壱馬とあなたの夜でした
🌙*.。★*゚