無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

12話
私は執行部なのでみんなより早く学校に行って準備をします!

あなた心の声
あれ?壱馬のTシャツ来てきちゃった。壱馬、もう学校きたかな?

先生
執行部ーもう教室戻っていいぞ!

あなた心の声
やった!誰にも気づかれないように教室戻らなきゃ

あなた
りお、壱馬きた?

りお
カバンは机の上に置いてあるけど教室にはいないよ。どうしたの?

あなた
間違えて壱馬のTシャツ来てきちゃった。はやく着替えないと…

りお
私も壱馬見つけたら言っとくね。

私は学校中を探しました。でも、見つからず…

あなた心の声
壱馬、どこにいるんだろ…早くしないと

壱馬
おい、あなた!

あなた
あっ、壱馬!私、壱馬のTシャツ間違えて着ちゃった😅

壱馬
俺も学校ついてから気づいたわw脱げ

あなた
えっ?ここで?

壱馬
付き合ってるんだから別にいいだろ?ダメ?

あなた
いや、まぁ…別に

何とかTシャツ事件は終了!

いよいよ体育祭が開始!私は生徒会長なので前で話さなければいけないんです……

あなた
今年の体育祭スローガンは…

チラッと壱馬の方を向くと珍しくちゃんと前向いて人の話し聞いてる❤

体育祭は終了!

この後は毎年絶対ある告白time

基本的に男子から女子が多いけど今年はなさそう

私はぼーっと立って見ていると

誰かに腕を捕まれました。

壱馬
こっち来いよ。

あなた
ビックリしたw壱馬だったんだ。

壱馬
俺、お前に言わなきゃいけない事があるんだけど。

あなた
えっ?何?

壱馬
俺はお前の事が好き。だから、俺とこれからも一緒にいろよ。

あなた
私も壱馬とずっと一緒にいたいからね

壱馬
うん。