無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

37話
今日は久しぶりに壱馬の家に遊びに来てます❤

あなた
もうこたつ出してるんだ!可愛い❤

壱馬
12月だし寒いじゃん?俺、寒いの無理やからなwww

あなた
暖かい❤あっ、24日ってどこ行くの?

壱馬
内緒( *・×・*)クチチャック!!

あなた
えー!でも、すっごい楽しみ😊

壱馬
俺もo(。>ᴗ<。)o︎♬❤︎

ガチャ(玄関の鍵🗝が開く)

あなた
え?だれ?

壱馬
こたつの下に隠れてて!絶対出てくるなよ。

あなた心の声
まさかの泥棒!?

???
も〜壱馬ったら❤恥ずかしがっちゃって

あなた心の声
女の人の声だ。

壱馬
いきなり来るとか聞いてねーぞ。俺、これから出かけるとこあるんだけど

???
私もついて行く❤

あなた心の声
よく顔が見えない……

???
こたつ暖かい❤

壱馬
姉ちゃん…

あなた心の声
壱馬のお姉ちゃん!?あっ、顔見れた!すごい美人で胸大きいwww足細!

姉ちゃん
壱馬なんか部屋いい匂いしない?

壱馬
そーか?

姉ちゃん
うん。なんか香水みたいな匂いするんだけど。

壱馬
姉ちゃんじゃね?

あなた心の声
ちょっとこの状況どうすればいいの?

私は壱馬の足に手を伸ばそうとして助けを求めたけど

壱馬心の声
あなたにこちょこちょしたらおもしれーだろーな

助けを求めたはずが壱馬にSモードが入ったのかこちょこちょをし始めました

あなた小声
ちょ、壱馬…

お姉ちゃん
壱馬、なんか変じゃない?

壱馬
そーか?

あなた心の声
壱馬…そこダメだって…バレちゃう…

お姉ちゃん
壱馬って彼女いるのぉ?

壱馬
いるけど笑ここの部屋にいるぞ

お姉ちゃん
嘘でしょ!?どこにいるの?

壱馬
こたつのした見てみろ

あなた
壱馬!何言ってるの!?

壱馬
( ̄▽ ̄)ニヤリッ

お姉ちゃん
はじめてまして。

あなた
あっ、はじめてまして。中西あなたです。

お姉ちゃん
本当にびっくりしたぁ!だってこたつの下に隠れてたんでしょ?

あなた
すみません…