無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

30話
壱馬
あのさ、あなた12月24日って空いてる?

あなた
うん。大丈夫だよ。

壱馬
その日さ、一緒に行きたい所あるんだけど。

あなた
えっ!本当!?やったーーー

翔平
俺もついて行っていいの?

壱馬
びっくりした…いたのかよお前ら全然きづかなかったわ。ダメに決まってんだろ

健太
後ろからついて行くのぐらいはいいだろ?

壱馬
まじでお前らついて来るなよ?わかったか?

拓磨
えー、僕も行きたい

壱馬
oh〜…たっきゅん、今度ね2人でデートしよ❤

リク
ずるい!俺も連れてけよ

北人
壱馬、チューしよ。

壱馬
もう1回は嫌だわ。


壱馬、もう1回はって前もしたって事?

壱馬
あれはキスじゃねーよwやっべー

あなた心の声
イケメンのキスって…きゃー!こっち見ないでぇ!

あなたの妄想は皆さんのご想像におまかせしますwww


あなた何1人で興奮してんだよwww

あなた
だって、ねぇ?

リク
壱馬はクールに見えるけど俺らの前だと超甘えん坊だよな。


なかなか帰してくれないしな。

壱馬
それ言うなよ!はずいだろ!

壱馬以外の男子といると壱馬の以外な1面も見えてくるのでした。