無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3話
担任の先生
公約書き終わってから帰れよ。

あなた心の声
頑張るか…ああー壱馬もちょっとは一緒にいてくれたっていいじゃん。壱馬のばーか。

壱馬
あなた!

あなた
えっ?壱馬!?帰ったんじゃないの?

壱馬
ばーか俺が帰るわけねーだろ?さっきのこと信じてたんだwウケる

あなた
じゃあ…

壱馬
嘘だって!俺が…もう、はずいって♡(///>_公約描き終わるまで待ってるから。ねっ?

あなた
うっ、うん。

あなた心の声
だめだ…壱馬いると余計に緊張しちゃうよ。何で最近、壱馬といるとこんな気持ちになるんだろ…

6時30分…

あなた
やっと終わった…!まだだいぶ明るいね。やっぱり夏って感じ!

壱馬
眩しいけどな。ここから運動場みると青春ぽいなw

あなた
壱馬、今日はありがとう。これぐらいの明るさだったら1人で…

壱馬
だめだ!行かせねーよ。ここで引き下がる俺も男じゃねーし。帰るぞ

壱馬が私の手を引っ張る

壱馬
あなたってさ今、好きな人とか彼氏とか…っているの。

あなた
えっ、いや、あ、私は…いる!

あなた心の声
はっ!テンパって思わず言っちゃった!どーしよ…

壱馬
誰だよ。

あなた心の声
ますますテンパる…壱馬って言う?言わない?やばーい

あなた
かっ、壱馬は?いるの?

壱馬
俺は…………

(壱馬に抱きしめられる)

あなた
壱馬!?

壱馬
俺はお前しか狙ってねーよ。俺の女になれ。(キス)

あなた
壱馬…(嬉し泣き( ᵕ̩̩ㅅᵕ̩̩ ))

壱馬
俺は絶対あなたを幸せにするって自信があるから。俺についてこい。

あなた
私も壱馬の事が好き❤

壱馬
照れた顔して言ってんじゃねーよwwwꉂꉂ(´^ω^`)