無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

6話
次の日、私が学校に行くと

りお
ちょっとー、あなたちゃん!壱馬と付き合ってたの!?言ってよー

あなた
りお、それ誰から聞いた?

りお
うちのクラスの男子が広めてたよ?

壱馬
おい、誰だよ!(҂˘̀^˘́)ง俺とあなたの隠し撮りインスタにあげたやつ!

瑠唯
あっ、やべっ。壱馬きた!

壱馬
どうせお前らだろ!

北人
ちょっと待って壱馬。落ち着けって。どーせ付き合ってるって事すぐ広まるって。


もう、広まってるけどなw

壱馬
おーまーえーらああああぁぁぁ!

その日は1日大変だった!いろんな意味でねw

やっと騒ぎがおさまったのは2日後。今もクラスの男子にいじられるけどね

壱馬心の声
授業まじでだりぃ。英語とかまじで知らんし!

英語の先生
壱馬ー。大丈夫かー?

壱馬
先生ー、眠いで顔洗ってくる

英語の先生
おー行ってこい。

壱馬心の声
バカだな。俺は保健室行くに決まってるだろ!

英語の先生
壱馬、絶対戻って来ないぞw先生もう、予想してるから。

保健室…

保健の先生
もー壱馬。また、授業抜けてきたのね

壱馬
何でわかるんだよ。あー疲れた

保健の先生
噂で聞いたんだけど、あなたちゃんと付き合ってるんでしょ?

壱馬
何で知ってんの?

保健の先生
だから、噂だって。ちゃんと大切にしてあげなさいよ。それにしても、可愛い子捕まえたじゃない

壱馬
だろ?でも、生徒会長と俺ってw釣り合わねーな。こう考えるとw

保健の先生
そのヤンキーを直してからね。ちゃんと可愛がってあげるのよ。

壱馬
分かってるってw俺、この前俺と同じピアスあげたで。今、俺してるやつ。

保健の先生
そーゆーの大事!いいな、高校生って!先生も戻りたいわ

壱馬
戻りゃーいいじゃん。

保健の先生
それが無理だから言ってんの。大人になってあの時後悔しないように今を頑張ればなんだって変わるから。

壱馬
ふ〜ん。

保健の先生
興味なさそうね。

キーンコーンカーンコーン

保健の先生
チャイム鳴ったから戻りなさい。もうどっちにしろ帰るでしょ?

壱馬
あっ、部活があるわ。じゃーな、先生

保健の先生
壱馬ったら。可愛い所もあるけどね