無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第66話

66話
その日の夜、2年生中心でサッカー部、3年生の送別会を計画してくれてたそうなので送別会をしました。

優斗(1番真面目)
今日は3年生と最後の食事会なので最後まで楽しみましょう!

海翔
壱馬先輩!どんどん肉🥓🥩🍗🍖食っちゃって下さい!

壱馬
お前ら焼いてくれんの?あなたにもあげて来い!

海翔
あなた先輩、めっちゃ食って下さいよ!

健太
あなた、俺らより食うからwww暴食だもんなwww

あなた
私、そんなに食べるかな?あっ、海翔ありがとう!

海翔
どんどん食べて下さいね!

あなた
ん〜❤美味しい😋

壱馬
ほら、暴食じゃん!美味しそうに食べるなぁ。

あなた
だって、美味しいもん(๑´ㅂ`๑)ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”

優斗
ここで1年生、2年生から一言!じゃあ、海翔から!

海翔
えー!俺っ?ちょっと待てよ…
はい…じゃあ、3年生の先輩今までありがとうございました。僕は壱馬先輩並に問題児で玲弥とかと2人でいろいろ迷惑かけたと思います。
夏の夜に学校来て、グラウンドでバカでけぇ花火打ち上げたりwww

みんな
wwwwwwバカじゃん!
そんなことしたらそりゃあ校長に呼ばれるわ!

海翔
いろいろあったと思うけど今までありがとうございました。

優斗
1年生、2年生も終わったので次は3年生の先輩!お願いします!

あなた
私は3年間、サッカー部のマネージャーとしてきたけど本当にみんなを支える事が出来てなかったかもしれないけどみんな温かく受け止めてくれてありがとうございます。これからも頑張って下さい!

優斗
最後に部長、壱馬先輩!

壱馬
俺は、まぁ問題児じゃん?全然、まとめれないじゃん?なのにいつも俺のとこに来てくれるヤツもおるし本当に楽しかった😊ありがとう。

こうしてサッカー部3年生は引退しました。