無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

8話
北人
壱馬、バカだなw俺らも見たかったし!

リキヤ
ガチめに壱馬、ヘラヘラしとった。でも、山田先輩あの後どーなったんやろ?

壱馬
知らん。でも、生徒指導とか行ってんじゃね?超ウケる


どんだけ強い勢いで蹴ったんだよwバスケットボールでも割れるのかな?

北人
今度やってみたら?w


やだよ。壱馬じゃねーんだしw

翔平
あれー?俺の筆箱ないんだけど知らん?

壱馬
知らねーよ。どこやったんだよ。

北人
こういう時壱馬しかいないだろ。

翔平
壱馬!どこ隠したんだよ。俺、そこまでMじゃないぞ?w

壱馬
知らん知らん!まじで俺じゃないって!てか、認めてんじゃねーよ


次、体育だろ?まず、移動しようぜ!

体育が終わって4時間目…

翔平
先生ー俺の筆箱ないんですけど。

国語の先生
どこやったんだよ


壱馬ー

壱馬
まじで俺じゃないし!ホンマに知らんて!

瑠唯
翔平が自分でどこか置き忘れたんじゃねーの?

翔平
あー。でも、どこ忘れてくるんだよ。

国語の先生
誰かに、借りな。その後、探しとけよ。

壱馬
俺ってそんなに疑られなきゃいけないよ?

あなた
壱馬が知らないって言ってるなら壱馬を信じるよ。




放課後。私は少し生徒会長の仕事があったので残っていると

壱馬
だから俺じゃねーて。

担任の先生
壱馬、どこやったんだよ。いい加減出せよ。

あなた心の声
壱馬、本当に知らないって言ってるのに何でそんなに疑ってるの?

担任の先生
こういう事するの壱馬しかいねーだろ。

あなた心の声
なんかムカつく…

あなた
先生!何でそんなに壱馬を疑うんですか!?確かに壱馬は普段悪い所あるかもしれないけど今回は本当に壱馬じゃないと私は思います。何で壱馬だけを疑うんですか!?

気がつくと私は思っていた事を口にだしてしまいました。

壱馬
あなた…?

リク
確かに壱馬が隠したって証拠はないな。

担任の先生
あなたの言う通りなのかもしれない。ごめんな。壱馬

壱馬
何だよ…

担任の先生
もう、帰っていいぞ。翔平はちゃんとさがしとけよ。