第8話

決して消えない激しい炎に
ある日、男にあなたが誘拐された。俺は走って走って走りまくった。


そしてやっとあなたが居る場所に着いた。
中ではあなたが襲われそうになっていた。すぐに男をあなたから離して追い払った。
吉野北人
あなた、、、!
吉野北人
(抱き締める)
天堂○○
北人、、、
天堂○○
ありがとう、、
吉野北人
無事で良かった、、、
天堂○○
、、、何で助けてくれたの?
吉野北人
え?
天堂○○
だって、恋人とかじゃないのに、、、
吉野北人
それは、、、
本当の事を言おうか迷った。けど、今俺が本当の事を言って、もしこの関係が崩れる。もうあなたに会えなくなる。そんな事は嫌だ。だから、まだ言わない。
吉野北人
セフレとして、、、?笑
いっつもヤッてる人なんだから、そりゃ、助けるよ笑
天堂○○
そっか笑
NEXT→