第7話

君はよほど気持ちよかったのか、俺の背中に腕を巻き、爪を立てた。











NEXT→