無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

186
2020/11/05

第13話

マネージャーさんの忙しい1日
あなた視点

今日は1番忙しい日である何故なら
スカイピースの二人のライブがあるからだ
まず朝の5時に起きて朝ごはんを作る
そしてご飯を作りながら弁当も用意する
あなた

よしっ出来た!

ご飯と弁当が出来たら次は二人を起こしに行く
二人は付き合い始めてから一緒に寝てるから
起こしやすくなった
テオくんの部屋で寝てるから起こしに行きましょ
あなた

ほらっ!起きてください!!

テオくん
テオくん
ん〜…
じんたんを腕枕して寝ているテオくんが
反応したが起きてはくれない
逆にじんたんを抱き締めて寝てしまう



まぁいつも起こしても全く起きないんですけど
あなた

じんさん!おきてください!

じんたん
じんたん
ん〜…
ねぼすけなテオくんは後で起こすとして
先にじんたんを起こすことにした
あなた

じんさん今日ライブが
ありますから起きてください!

じんたん
じんたん
あっ…そうだったねぇ〜…
ふにゃりと笑った笑顔がまた可愛い
あなた

起きてください!

じんたん
じんたん
はぁ〜い…
あなた

洗面所にいって顔洗って
歯磨きしてきて下さい!

じんたん
じんたん
はぁ〜い…あっおはよう
あなた

はいおはようございます

さてと…後はテオくんだが全くもって起きてくれない…
あなた

テオさん!起きてください!

テオくん
テオくん
う〜ん…
返事だけして寝るんだよなぁ…
そろそろ私も出掛ける準備しないとな
あなた

じんさーん!テオさんの事起こしてください!

じんたん
じんたん
はぁーい!
じんたんと入れ違いで部屋を出て自分の部屋に
準備をしに行った







よし準備は終わった…あれ?まだ起きてきてない?

リビングには誰も居ない…まさかテオくんの
部屋に行くと…やっぱりじんたんが捕まってる…
じんたん
じんたん
あなたちゃん助けてぇー!
テオくん
テオくん
ん〜…
じんたんを抱き締めて離さないテオくんが居た

いつもこれなんだよな…じんたんが起こしてから
部屋から出てこれたのは数回しかない…
あなた

ほら!テオさんじんさんを離してください!

テオくん
テオくん
う〜ん…おはよぉ〜…
ふにゃりとじんたんと同じ様にでもテオくんは
かっこいい笑顔で笑った
じんたん
じんたん
ふふっ今日もかっこいい…
ぼそっとテオくんに聞こえないように
言ったじんたんでもテオくんには
聞こえてたみたいで…
テオくん
テオくん
ふふっじんたんは可愛いよね〜!
じんたん
じんたん
えっ聞こえてたの?!
テオくん
テオくん
うん!
じんたん
じんたん
うう〜…
顔を真っ赤にするじんたんと嬉しそうに笑うテオくん…
ここは幸せの塊なのだろうか最っ高!
あなた

( ゚д゚)ハッ!危ない妄想の世界に行くとこだった!

あなた

ほらっ!二人ともいちゃいちゃしてないで
早くご飯食べて支度してください!

テオくん
テオくん
はぁ〜い!
じんたん
じんたん
はぁ〜い!
二人は返事をしてご飯を食べに行った私もあとに
続いてご飯を食べに行った
テオくん
テオくん
たらきゅう!
じんたん
じんたん
いただきます
あなた

いただきます!

じんたん
じんたん
(´~`)モグモグんま〜
テオくん
テオくん
うまし〜!
あなた

我ながら美味しい♪

数分してご飯が食べ終わった
じんたん
じんたん
ごちそうさま!
テオくん
テオくん
ごちそうさま!
あなた

ごちそうさまでした!

あなた

二人とも準備してくださいね!

じんたん
じんたん
はぁ〜い!
テオくん
テオくん
りょうか〜い!
私は準備おわってるから皿洗いでもして待ってようかな
あなた

ふんふーん♪

じんたん
じんたん
鼻歌上手だね(*^^*)
ニコニコした笑顔で顔を覗かせて
そう言ってくるじんたんが居た
あなた

ふふっありがとうございます!
準備終わりました?

じんたん
じんたん
うん!終わったよ!
あなた

テオさんは?

じんたん
じんたん
まだ終わってないみたい
あなた

じゃあ手伝ってあげてください

じんたん
じんたん
はぁ〜い!
じんさんは可愛らしい返事をしてから
テオくんの部屋に行った














マネージャーが皿洗いをしてる間テオくんの部屋では…
じんたん
じんたん
テオく〜ん!
テオくん
テオくん
なぁ〜に?
じんたん
じんたん
準備は大丈夫そう?
テオくん
テオくん
うん大丈夫だよ
じんたんどうしたの?
じんたん
じんたん
あなたちゃんに手伝ってあげてって
言われたからしにきたの!
テオくん
テオくん
そうなの
じんたん
じんたん
うん俺もテオくんの所に行こうと
思ってたところだし
テオくん
テオくん
ふふっそっかありがとう♪
テオくん
テオくん
じんたんこっち来て
じんたん
じんたん
なぁに?
テオくんはじんたんを抱き締めた
じんたん
じんたん
どうしたの?
テオくん
テオくん
ん〜幸せだなぁって
じんたん
じんたん
ふふっ俺も幸せ
じんたんはテオくんの背中に手を回した
テオくん
テオくん
じんたん顔上げて
じんたん
じんたん
なぁに?んっ…
テオくん
テオくん
ひひっ可愛い
テオくんはじんたんにキスをした
じんたん
じんたん
むぅ〜…それより準備終わったの?
テオくん
テオくん
終わったよ♪
じんたん
じんたん
じゃあリビングに行こ
テオくん
テオくん
うん
そして皿洗いが終わったマネージャーさんの方では
あなた

( ´ー`)フゥー...終わったぁ

じんたん
じんたん
おつかれさん♫
あなた

ありゃじんさんなんか機嫌いいですね!

あなた

何か良い事あったんですか?

じんたん
じんたん
内緒ー!
あなた

えー教えて下さいよー!

テオくん
テオくん
何やってるのぉー?
あなた

じんさんが教えてくれないんですよー

テオくん
テオくん
えー俺も気になるぅー!
じんたん
じんたん
もう二人ともそろそろ出発の時間になるよ!
テオくん
テオくん
にげた
あなた

逃げましたね

そそくさと荷物を持って玄関に逃げたじんたん
私も皿洗い終わったし荷物持って行きますかね
あなた

テオさんもう出るんで荷物持ってくださいね

テオくん
テオくん
りょうかーい!
あなた

先行っててください
カギ閉めるんで!

テオくん
テオくん
はぁ〜い!じんたーんちょっと待ってー!
まだ朝の7時だというのに元気がいい事で…
部屋の電気全部消して私も外に出た
あなた

鍵締めますけど忘れ物無いですか?

じんたん
じんたん
無いよぉー
テオくん
テオくん
俺も無〜い!
あなた

は〜い

鍵を締めて3人で車まで向かった
テオくん
テオくん
じゃあ出発〜!
じんたん
じんたん
いえ〜い!
あなた

ふふっ出発〜!

テオくんが運転手で助手席にじんたん
その後ろに私が乗っているこの後ろの席が
最高なんですよだってテオくんがこっそり
じんたんの手を繫いで片手で運転している
そして照れて顔が赤くなってるじんたんを見るの
が最高なんですよ!


















そして出発して1時間経ってライブ会場に付いた
じんたん
じんたん
ついたぁ!テオくん運転お疲れ様!
じんたんはそう言ってテオくんの頬にキスをした
あなた

ぐふっ…

テオくん
テオくん
疲れが飛んだありがとぉー!
じんたん
じんたん
早く行くよ!
照れたのか荷物を持ってそそくさと車を降りたじんたんだか外にはスカイピースのライブで
来ているファンが居てそれに捕まったじんたん
じんたん
じんたん
えっあっこんにちは!
モブ2
モブ2
きゃー!じんたんだぁ!
モブ1
モブ1
可愛いー!
じんたん
じんたん
あわわっ(-_-;)💦
焦ってるじんたんそれを見て笑うテオくん
あなた

どうします?
私は降りれないですし

私はまだ動画で言われてないから
今車を降りたら誰この女って思われてファンに
殺されかねない…
テオくん
テオくん
俺が先に降りてじんたん連れて会場に
先に入って周りの人が居なくなったら迎えに
来るから待っててね!
あなた

えっはい!

テオくんはそう言うと車を降りて何故か車の上に乗って車からじんたんの前に飛んで行った
あなた

運動神経どうなってんの…

じんたんをお姫様抱っこした
ファンはそれを見て悶てる
モブ1
モブ1
ふぉー!テオくーん!
モブ2
モブ2
きゃー!私もお姫様抱っこしてー!
じんたんをお姫様抱っこしたテオくんは
ファンの方を向いて言った
テオくん
テオくん
ごめんねお姫様抱っこ出来るのは
じんたんだけなんだ!
じんたん
じんたん
えっ?
テオくん
テオくん
じゃあバイバーイ!
モブ2
モブ2
きゃーーかっこいい!
モブ1
モブ1
かっこいいー!
あなた

かっけぇ…

そのまま会場に入って行った
あなた

私はいつまで待ってればいいんだろう…

















数分してファンの皆が居なくなってテオくんが
迎えに来てくれた
テオくん
テオくん
よっ!迎えに来たよ〜ん!
あなた

あっ久しぶりです

テオくん
テオくん
アハハっ久しぶり〜!
笑いながらも返事をしてくれるテオくん流石ですっ
( ̄ー ̄)bグッ!
テオくん
テオくん
さっ行きましょ〜
あなた

はいありがとうございます

テオくん
テオくん
良いのいいの♫
あれ?じんたんがいない…
あなた

あのじんさんは?

テオくん
テオくん
じんたんは恥ずかしいから行かないって
あ〜さっきお姫様抱っこしたから人に
見られたから恥ずかしいんだな…
あなた

恥ずかしいんですねw

テオくん
テオくん
さっきお姫様抱っこしたからだろうねw
あなた

ふふっそういえば…最近じんさんとは
どうなんですか?

テオくん
テオくん
えっいきなり聞いてくんの?
あなた

はい!聞かせてください!

テオくん
テオくん
順調ですとも!
あなた

おっそうなんですか良かったですね

テオくん
テオくん
ひひっもうねじんたん可愛いのよ♫
あなた

幸せそうですねw

テオくん
テオくん
うん毎日幸せ!
あなた

もしじんさんに何かあったらどうします?

テオくん
テオくん
えっ?そりゃもちろんじんたんに
何かあったらその元凶を殺しに行くね♪
めちゃくちゃ笑顔でいってる…怖え〜…
殺意が…殺意が…恐ろしい…
あなた

あっはい…

テオくん
テオくん
あっここが楽屋やで〜
指を刺された方を見るとスカイピース様と
書かれた表紙があった
あなた

ここなんですね

テオくん
テオくん
さっはいってはいって〜
じんたん
じんたん
あっあなたちゃんにテオくん!
おかえり!
テオくん
テオくん
ただいまぁ〜!











☆_______________________☆
ゆくゆく
ゆくゆく
めっちゃ中途半端なところできります…
テオくん
テオくん
中途半端すぎる…
ゆくゆく
ゆくゆく
だって…もう3000文字越しますもん…
ゆくゆく
ゆくゆく
ちゃんと続きは書きますからね!