無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

142
2020/11/28

第19話

皆でお出かけ〜!
じんたん視点

今日はねぇ〜!
テオくんとあなたちゃん3人で買い物に行くんだっ!

ちょ〜楽しいみ!
テオくん
テオくん
じんたぁ〜ん行くよぉー!
じんたん
じんたん
はぁ〜い!
さぁてと呼ばれたし行きますかっ!
何買おうかなっ!

玄関の方に行くとテオくんだけ立っていた
じんたん
じんたん
あれあなたちゃんは?
テオくん
テオくん
洋服選んでるんだって
じんたん
じんたん
あれ?洋服ってさっきも選んでなかった?
テオくん
テオくん
それがこの服じゃないって
言って他のに着替えに行ったよ
それでさっきからあなたちゃんの部屋から
ゴソゴソ音が聞こえるのね
じんたん
じんたん
女の子って忙しいんだね
テオくん
テオくん
だね〜!
その頃一方あなたちゃんでは………
あなた

ん〜どの服着ていこうかなぁ〜

あなた

これでも無いしなぁ…

あなた

こっちはなんか派手だしなぁ…

やばい全然決まらないなぁ…
待たせちゃってるから早く選ばないと…
じんたん
じんたん
あの…りんちゃん?
あなた

何ですか?

選んでたらじんさんがドアを開けずに
呼びに来てくれた
じんたん
じんたん
開けても大丈夫?
あなた

大丈夫ですよ〜!

ガチャッ
じんたん
じんたん
失礼します…
あなた

改まらなくてもいいですよw

じんたん
じんたん
いや…女の子の部屋だから…
あなた

アハハw気にしなくてもいいですよ!

あなた

それでどうかしました?

じんたん
じんたん
あの洋服決まった?
え…そんなに時間経ってた?
時計を見ると洋服を選び始めて30分経っていた
あなた

すいません!
待たせてしまって!

ぺこりと頭を下げて謝った
じんたん
じんたん
謝らなくていいよ〜!
女の子だから仕方ないよね〜!
あなた

ほんっとにごめんなさいです!

じんたん
じんたん
いいのいいの!
それで洋服は決まったの?
あなた

いや…まだです…

じんたんは驚いた顔をしていた
遅すぎて驚からてるじゃん…
ほんとに申し訳ないです… 

(実はこの時じんたんは驚いた訳ではなく)
(感心していたんだとかw)
じんたん
じんたん
ん〜…それなら俺が決めてあげよっか?
あなた

えっ!?良いんですか!!

まさかじんたんに洋服を
決めてもらえる時が来るとは…!?
じんたん
じんたん
うん!全然いいよっ!
あなた

ありがとうございます!

じんたん
じんたん
じゃあちょっと待ってね…
じんたんはそう言うとクローゼットの中を
漁り始めた
じんたん
じんたん
これじゃないなぁ…これかな?
じんたん
じんたん
よしこれとこれだねっ!
じんたん
じんたん
はいっ!どうぞ!
じんたんが渡してきたのは
可愛らしいロゴが付いた黒のパーカに
白色のジーンズを渡してきた
あなた

おおおお…

じんたん
じんたん
…………いやだった?
あなた

いやいや!!ぜんっぜんセンスいいですねっ!

じんたん
じんたん
えへへ…ありがと
あなた

ありがとございます!
さっそく着替えてきますねっ!

じんたん
じんたん
わかった玄関で待ってるね!
パタン…
そしてじんたん視点に戻ります
じんたん
じんたん
テオくんあなたちゃん
もうすぐ終わるって!
テオくん
テオくん
了解ですっ!(`・ω・´)ゞ
じんたん
じんたん
(`・ω・´)ゞ
テオくん
テオくん
そうだ洋服決まった?
じんたん
じんたん
ううん決めてあげたの!
テオくん
テオくん
ふ〜ん…
突然テオくんの機嫌が悪くなった

俺…なにかしたっけ?

考えてたらテオくんに腕を引っ張られて

何が起きたかと思ったら口に柔らかい感触が触れて

目を開けると目の前にテオくんの顔があった
じんたん
じんたん
ん…!?ん…ちゅ…ふぁ…ておく…んっ
テオくん
テオくん
はぁ…
じんたん
じんたん
はぁ…はぁ…いきなりどうしたの…
テオくん
テオくん
……………
テオくんがだんまりした

あ…もしかしてだけど………
じんたん
じんたん
………嫉妬したの?
テオくん
テオくん
……うん…嫉妬した…
じんたん
じんたん
………なんかテオくん可愛い
テオくん
テオくん
じんたんの方が可愛いよ?
じんたん
じんたん
うるさい…
照れていたらあなたちゃんが
着替えてやってきた
あなた

お待たせしましたっ!

じんたん
じんたん
あっ!着替え終わった?
テオくん
テオくん
おかえり〜
あなた

ただいまですっ!

あなたちゃんが着替えてきた
洋服を見てみると
スタイルが良いみたいでバッチリ似合っていた
テオくん
テオくん
似合ってるじゃん!
じんたん
じんたん
やっぱり似合ってる!
あなた

ありがとうございます!
じんさんのおかげてす!

じんたん
じんたん
いやいやあなたちゃんが
可愛いから似合ってるんだよ!
あなた

そんな事言ってくれるのは
じんさんだけですよ!

テオくん
テオくん
じんたんは女の子の洋服を
選ぶセンスだけはあるんだよねっ!
じんたん
じんたん
ちょっとそれは失礼じゃない?
テオくん
テオくん
事実でしょ?
じんたん
じんたん
確かに自分の洋服はテオくんに
選んでもらってるけど…
あなた

ふふっそうなんですねw

じんたん
じんたん
ちょっと笑わないでよっ!
テオくん
テオくん
いひひっw
じんたん
じんたん
もうっテオくんまでっ!
テオくん
テオくん
ごめんごめんw
じんたん
じんたん
まったく…早く行くよっ!
テオくん
テオくん
はいはいw
あなた

はぁ〜いw

みんなで車に乗って1時間で大きな
ショッピングモールについた





















次回へ続く!