無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第39話

ピクニック!
濵田side
あなた

あーちゃんのママを探しに行っとった!



突拍子もなくそんなことを


言うからみんな開いた口が塞がらへん。
桐山照史
答えがアバウトすぎてわからへん笑
重岡大毅
まずあーちゃんって誰やねん!笑

そしたらあなたはさっきまでのことを


順を追って話してくれた。








中間淳太
つまり迷子の子を助けたん?
あなた

そうやねん!

小瀧望
すっごいやん!
あなた

やろ!!

濵田崇裕
偉いなあ
あなた

んふふ笑


みんなして褒めるからあなたは嬉しそうに笑った。


1人を除いてやけど…。
神山智洋
でも、1人でいったらあかんやろ?


そう、神ちゃん。
あなた

でも、みんながバレたら困るやん?

お、あなたも負けじと言っとる。


俺らはもちろん2人の間には入りません。


だって怖いもん。←
神山智洋
じゃあその子助けてあなたに
なんかあってもええの?
あなた

それは…、


重たい空気が流れそうになったとき。
桐山照史
まあ今回はあーちゃん(?)を助けたんやし
大目に見てえんちゃう?
重岡大毅
そやそや!な?神ちゃん!


2人が神ちゃんをなだめた。


神ちゃんがこんなにも言うのは


あなたが大好きやから。


心配やないとこんなに言えへんやろ?


それをみんな分かっとるから


あえてキツくは言わへん。
神山智洋
まあそうやけど…。
次からは絶対言うてや?
あなた

わかった…!!

中間淳太
毎回こんなんやったら心臓何個あっても
足りひんわ!笑
重岡大毅
ほんまやで!
藤井流星
待っとる間も望ずっと黙っとるしな笑
小瀧望
だってー!!
あなた

ほんまにごめんなさい!

中間淳太
もうええんよ?
重岡大毅
そや!人助けはええことやしな!
濵田崇裕
そうそう!
藤井流星
だからもう気にせんとき!
過ぎたことはしゃーないやん?
あなた

うん!


あんな!あーちゃんがあなたお姉ちゃん
って呼んでくれたねん!

小瀧望
そーかそーか!
良かったな!!
あなた

うん!!



まあなんとか一件落着!


それからは結局みんなでバスケして帰った。





あ。淳太と神ちゃんのバスケ能力はみんなの想像に


お任せします。←