無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第38話

ピクニック!
濵田side
重岡大毅
あかん、どこ見てもおらへん!
桐山照史
こっちもや!
神山智洋
どこにおるんやろ…

あなたを探しに行った3人は


ほとんど同時に帰ってきた。
濵田崇裕
どうする…?
中間淳太
こうなったら7人で探すか…!
桐山照史
よし、ほないこう!

そういって今度は7人で探し始めることになった。



さっきからなんも話さへん望の方を見たら


下向いとった。
濵田崇裕
望、行くで?
小瀧望
あ、うん…!

声をかけたら俺の横まで小走りで来た。


こういうところを見たらやっぱりジャニーズWESTの


最年少やなあって実感するよな。



ってこんなこと思とる場合やない!

早よ探さな!






中間淳太
あれ、あなたじゃない?
パッと淳太の指す方を見たら、


そこには確かにあなたがおった。


女の子とそのお母さんらしき人に手を振っとる。
桐山照史
あなたー!!


照史が呼んだらこっちに気付いたみたいで


駆け寄ってきた。
あなた

なあなあー!
聞いて聞いて!

俺らの目の前に来るなりあなたはキラキラした目で


そういってきた。


でもあなたがなにかを言う前に、
小瀧望
もうほんまに良かったぁ…

そういって望はあなたに抱きついた。


心配やったんやろなぁ。


もちろん俺もやで?←
あなた

え、のんちゃん…?

小瀧望
もうほんまに心配したわ、アホ!
重岡大毅
ちゃんとコートおらなあかんやんけ!
藤井流星
まあ無事でよかったわぁ
あなた

みんななにがあったん?

中間淳太
急におらんくなるから照史としげと
神ちゃんが探してくれたんやで?
桐山照史
それで今度はみんなで探しとったんよ
どこにもおらんから焦ったわ!
神山智洋
急におらんくなったらあかんやろ!
どんだけ心配したと思うねん!

みんな、あなたを見つけたから安心して、


喋り出したら止まらへん。笑

あなたも一気にいろんな人から


言われたもんやからびっくりしてもとるし。笑


濵田崇裕
まあ無事やったらええんよ?

そういってあなたの頭を撫でる。


ほんまに無事でよかった。


あなた見つけたら注意したろと思ったけど、


いざ見つけたら安心した方が大きくて


さっきまで言おうとしたことが全部吹っ飛んだ。←


こ~ゆ~ところが甘いって言われんねやろなぁ。笑

あなた

ごめんなさい…。

藤井流星
まあなんもなくて良かったやん?
桐山照史
そやな!
濵田崇裕
で、なにがあったん?
俺がそう聞いたら待ってましたとばかりに


ニコニコした笑顔でこういった。


あなた

あーちゃんのママを探しに行っとった!

JW
・・え?