無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第56話

お熱
藤井side
あなたが発熱した日から3日が経ちました。


今日は午前中に雑誌の撮影があって、今帰るところ。


で、あなたの体調はというと、


昨日の夜には熱が下がったみたいで


今日はこっちに帰ってくるねん。


だからみんなルンルン。笑


ただ濵ちゃん、しげ、神ちゃん、望の4人は


ラジオの収録で帰ってくるのが遅いんやけどね。


ーーーーーーーーーーーーー

ピンポーン


帰ってったかな?
桐山照史
はーい!
あなた

あなたやで~!

桐山照史
入っておいで!
🚪ガチャ
あなた

お邪魔します!

ドアが開いたと同時くらいに


元気なあなたの声がした。
中間淳太
おかえり!
あなた

ただいま!

藤井流星
熱下がって良かったなぁ
あなた

うん!ずっと寝とったわぁ笑

あれ、他のみんなは?

桐山照史
ラジオの収録行っとるねん~
あなた

そっか~

じゃあ勉強しとくわ!

中間淳太
え、病み上がりやのにするん?
藤井流星
無理せん方がえんちゃう~?
あなた

休んどった分取り戻さなあかんやん?

そういって既に筆箱と教科書を


食卓テーブルの上に運んどった。


偉いわぁ。
あなた

だから淳にぃ教えて!

で、今度は淳太の方にいって


手を引っ張りながら机に向かっとる。
中間淳太
そんなに焦らんでもまだ時間あるやん笑
とか、言いつつめっちゃにやけてますけど。笑


ほんまツンデレやわぁ。笑



ーーーーーーーーーーーーー
🚪ガチャ
神山智洋
ただいま~
中間淳太
おかえり!
濵田崇裕
ふうー。
桐山照史
お疲れさん笑
あなた

みんなおかえり!

小瀧望
ああー!あなたやん!
あなた

さらさやで!笑

重岡大毅
会いたかったわー!!
って叫びながら、しげはあなたに走っていって


抱きついとる。笑
あなた

ちょ、大ちゃん痛いって!

重岡大毅
あのときはほんまごめんな?
あなた

あのとき?

重岡大毅
びっくりさせたかっただけやねん!
あなた

なんのこと?

藤井流星
覚えてへんの?
あなた

うん…?

桐山照史
寝とったからちゃう?
重岡大毅
まあほんまにごめん!
あなた

あなたも覚えてへんしええで!

重岡大毅
ありがとおおおあお!
あなた

ちょ、ほんまに痛い!
離してー!

重岡大毅
嫌や、絶対離さへん!
あなた

勉強せなあかんから!

淳にぃもなんか言うてやぁ~

中間淳太
もう勉強ええから遊んでき!笑
あなた

え、淳にぃ!?((汗

桐山照史
(ヒャハハハハ


で、ワーワー騒ぎながらしげはあなたを担いで


2階に上がっていった。


早速笑い声が聞こえるわぁ。


なにして遊んどるんやろ?笑





濵田崇裕
まあ仲直りできたみたいやなぁ
桐山照史
あれ仲直りって言うん?笑
神山智洋
あなた覚えてへんしな笑
小瀧望
でもずっとしげ暗かったよな笑
中間淳太
あなたが泣いてから
1回も俺にウザ絡みしてこんかったで笑
藤井流星
それ相当やん笑
小瀧望
まあこれでまた騒がしくなるで笑
桐山照史
淳太くんも頑張れ笑
中間淳太
え、嘘やろ…笑
藤井流星
今度は淳太にキレられるで笑
神山智洋
やな笑


あなたの熱も下がったし、しげも元気出たし、


めでたしめでたし!


これでまた騒がしくなるんやろなぁ。