無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第20話

お届け物
中間side



🚪ガチャ
中間淳太
ただいま~
重岡大毅
トイレ、トイレ!
桐山照史
店で行っときいよ笑
帰ってきて早々わちゃわちゃしながらも


みんなリビングに。


やっぱり家って落ち着くよね。


テレビでも見よかな~。
って思ってソファに座っとったら、





ガツン。




後ろから鈍い音が。


え、なになに!?
濵田崇裕
痛っ!!

音のする方をみたら


濵ちゃんが声を上げながらしゃがみこんでた。
中間淳太
どしたん!?
濵田崇裕
小指、小指…笑
小瀧望
机に小指ぶつけたん?
濵田崇裕
痛い、、


のんちゃんの問いかけに頷きながら


痛いって連呼しとった。笑


痛すぎて笑ろてもとるし。笑


ダイニングテーブルに小指ぶつけたんかな?


あれ、地味なんやけどめっちゃ痛いよな。笑
神山智洋
濵ちゃん、氷いる?
濵田崇裕
大丈夫!
ましなってった!
重岡大毅
なにしたらぶつけるねん!笑
藤井流星
濵ちゃん酔っとんちゃう?笑
濵田崇裕
全然飲んでへんで?
桐山照史
もう早よ寝え笑
濵田崇裕
せやな、寝るわ~
神山智洋
俺も寝よかな~
重岡大毅
よっしゃ、寝るでー!!
中間淳太
それ寝るテンションちゃうやんけ!笑
藤井流星
俺もうちょっと起きとくわ~
小瀧望
俺も見たいテレビあるから
それだけ見て行くわ~
桐山照史
俺もまだ下おるわ~



ってことで、照史と流星とのんちゃんは


もうちょっと下におるみたいやけど、


俺らは寝ることに。


今日はよく寝れそうやな~。



神山智洋
じゃあおやすみ~
濵田崇裕
おやすみぃ
中間淳太
おやすみ~
重岡大毅
おやすみ!



みんなに寝る挨拶して


それぞれの部屋に入っていった。


カーテン閉めて、明日の服の確認して


寝る準備完了!!


よし、寝よ。


と、思ったら。


🚪ガチャ
重岡大毅
じゅーんた!

なぜかしげが俺の部屋に。
中間淳太
え、なに?
重岡大毅
遊びにきたで!
中間淳太
いや、俺寝るし。
重岡大毅
寝よ思たんやけど、
眠なかったから相手して!
中間淳太
なんで俺やねん~!
重岡大毅
神ちゃんと濵ちゃん眠そうやし!
中間淳太
いや、俺も眠いわ!
重岡大毅
ええやんか!








ってことでなんやかんや言い合って


結局それから1時間


しげのウザ絡みの餌食になりました…。