無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第48話

お泊まり会!
中間side

いよいよあなたが泊まりに来る日。


久しぶりのことやからみんな朝から


そわそわしとる。笑


ピンポーン


お、来たかな?
濵田崇裕
はーい
あなた

あなたやでー!

濵田崇裕
ちょっと待ってなぁ


🚪ガチャ
あなた

お邪魔しますー!

ママ
お邪魔します!
濵田崇裕
いらっしゃい~
ママ
今日と明日お願いします!
桐山照史
俺らでええんやったら
いつでも言うてや!
重岡大毅
神ちゃんおったら怖いもんなしやわ笑
藤井流星
やな笑
神山智洋
任しい任しい!
小瀧望
ママはもう行くん?
ママ
そやねん~((汗
中間淳太
頑張って!
ママ
ありがとう!
あなたええ子にしとくんよ?
あなた

わかった!!

ママ
じゃあお邪魔しました!
JW
いってらっしゃい!
ママ
いってきますー!





.
桐山照史
あなた、荷物は?
あなた

あ、靴脱ぐとき玄関置いて来てもた((汗
取りに行ってくる!

濵田崇裕
全部持てるん?
あなた

ん~、微妙((汗
一応ついてきてくれへん?

濵田崇裕
ええよ~
で、濵ちゃんとあなたはリビングを出て、


玄関に取りに行った。





🚪ガチャ
あなた

重た~



リビングのドアが開いて声のする方を見たら…。




ツッコミどころが多すぎるわ!笑


まず両手にはミニオンの


大っきいぬいぐるみを抱えて、


って、背中にも背負っとるやん!


濵ちゃんも紙袋持っとるし。笑


うちに何泊するつもりやねん!笑
重岡大毅
なにそのぬいぐるみ!
(アヒャヒャヒャヒャヒャ
あなた

ミニオンやんか!

いや、しげは言いたいのは


そういうことやないと思うんやけど…。笑
あなた

可愛いやろ?
いっつも一緒に寝とるから
連れてきたんやー!!

桐山照史
デカすぎるやろ!
(ヒャハハハハハ
重岡大毅
ってか一緒に寝とんけ!
(アヒャヒャヒャヒャヒャ
あなた

ええやんか!

小瀧望
あなたミニオン大好きやもんな~
俺はええと思うで♡
あなた

で、この荷物どうしたらいい?

小瀧さんあっさりスルーされてますけど。笑


で、荷物?
中間淳太
荷物ってどれ?

俺が聞いたら。
あなた

これやで?

って言って、くるっと半回転して、


背中に背負っとるミニオンを見せてきた。
藤井流星
それぬいぐるみじゃないん?
あなた

ちゃうちゃう!
リュックやで!

濵田崇裕
リュックやったんや笑
神山智洋
じゃあ荷物は和室置いとき!
あなた

わかった!

神ちゃんに言われて、


あなたはリビングの横にある和室に


荷物を置きに行った。



桐山照史
で、濵ちゃんが持っとるのはなに?
照史が濵ちゃんの持っとる紙袋を


指しながら聞いた。


確かに俺も気になっとったわ~。
藤井流星
あなたの荷物じゃないん?
濵田崇裕
いや、ちゃうと思う~
小瀧望
なにか聞いてへんの?
濵田崇裕
聞いてへんわ~
中身知らんと持っとったんや。笑


濵ちゃんらしいわ~。笑
桐山照史
あなたー!
濵ちゃんの持っとる紙袋なにー?

照史が和室に荷物置き終わって戻ってきたあなたに


聞いてみたら。
あなた

えっと~、バームクーヘンやったかな?

神山智洋
え、マジで!
あなたが答えたら神ちゃんがいち早く反応した。


ほんま甘いもん好きやなぁ。
あなた

ママが挨拶するとき渡すって言いよった!

渡すの忘れとるけど…笑

濵田崇裕
またママにお礼言わなあかんなぁ
重岡大毅
ほな、早よ食べよ!
中間淳太
なんで今やねん!笑
神山智洋
夜ごはんのときにしよか~笑