無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第52話

お熱
重岡side
今ね、学校から帰ってきて


宿題をし終えたあなたがソファで寝てるんすよ。


で、びっくりさせて起こしたろかな


って思とります。笑


だって全然遊んでくれへんねん!


それに「おかえり」って言うても


「うん…」みたいな?


心なしか元気もない気がするし…。


ここはニコニコ天使ちゃんの出番っしょ!←


ってことでいっちょ、イタズラしまっせ!笑


重岡大毅
あなた?
あなた

(スースー

寝とる寝とる。笑


大っきい声出したらビックリするやろな!笑
重岡大毅
わあっ!!
あなた

((ビクッ

あ、やばい!


と、思ったときには遅くて…。



ゴロン。ドタ。



ビックリして寝返りしたあなたは


ソファから落ちてしもた。


あいにく俺は、ソファの背もたれの方から


驚かしたから受け止めることも出来ず…。
あなた

ぎゃあああ((泣

重岡大毅
ごめんごめん!
慌ててあなたのおる方に回って抱き上げる。
重岡大毅
痛いの痛いの飛んでけー!
あなた

うううぅぅぅぅー((泣

中間淳太
どうした?
濵田崇裕
すんごい音したで
小瀧望
なになに!?
騒がしいのを聞きつきたみんながこっちにきた。
重岡大毅
ビックリさせようとしたら
落ちてもたねん…
桐山照史
しげちゃん、イタズラも
ほどほどにしいや?
重岡大毅
うん…
あなた

(ヒック ヒック

それにしても泣き止まへんな…。
重岡大毅
ごめんな…、
よしよし…
藤井流星
しげより神ちゃんの方がえんちゃう?
神山智洋
じゃあ代わろか?
重岡大毅
ごめんなぁ((汗
神山智洋
ええよええよ
ってことで神ちゃんに任せることに。
あなた

うううぅぅぅぅー((泣

神山智洋
ビックリしたな?
大丈夫やで~?
・・・・・・・
あなた

(スースー

神ちゃんに任せたらすぐに泣き止んだみたい。


さすがやわ。
神山智洋
寝た?
濵田崇裕
寝た寝た
神山智洋
誰か体温計取ってくれへん?
桐山照史
俺取ってくるわ!
中間淳太
熱ありそうなん?
神山智洋
泣いたからかもしれへんのやけど
体熱いかなと思って
桐山照史
取ってったで!
神山智洋
ありがとう!
神ちゃんは抱っこしとったあなたを


ソファに寝かせて熱を測っとる。



ピピピピピピ
神山智洋
うわっ
藤井流星
何度やったん?
神山智洋
38.6℃ある…
小瀧望
嘘やん!!
神山智洋
え、見間違いちゃうよな?
中間淳太
うん、合っとる…!
濵田崇裕
え、どうするん!
神山智洋
とりあえず冷えピタ貼ろか!
あと、氷枕もいるな…
中間淳太
俺らで取ってくるから
神ちゃんはあなたの横おったって!
神山智洋
ありがとう!
そういって、みんな動き出した。


俺はただ見とるだけで…。




今日元気がなかったんも


しんどかったからやったんか…。


寝るなんか珍しいと思ったら熱やったとは…。


悪いことしたな…。
藤井流星
しげも元気だし?
重岡大毅
おん…