無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第53話

お熱
藤井side
あなたは今、ソファで寝ております。


俺らには冷えピタ貼って氷枕で寝かせるくらいしか


できひんのよ。


病院に連れて行こうにも色々いるみたいで…。


ママが帰ってくるまでただただ待機やねん。




で、俺らはなにをしてるかと言うと。
重岡大毅
ごめんな。
びっくりしたよな?
治ったらいっぱいあそぼな?
しげは責任感じとるんか、


あなたにひっついて離れへん。笑


まあしげのことやから、


無意味にイタズラしたんやなくて、


いつもより元気のないあなたを


元気づけようとしたとかやと思うんやけどな。
濵田崇裕
なんで熱なんかでるんよ~
小瀧望
俺が代わってあげたい…
もちろんこの2人もいつも以上にベッタリですよ。笑


寝とるっていうのにめっちゃ話しかけとるし。笑
桐山照史
ママに言うたん?
神山智洋
言うたで!
早めに帰ってくるようにするみたい!
中間淳太
病院間に合ったらええけどね…
こっちの3人も心配しとるけど、


それ以上にせなあかんことに追われとるみたいやわ。





俺?


俺はあなたと手を繋ぎながら


みんなを見守ってますよ?←









ピンポーン
藤井流星
はい
ママ
こんにちは…!
藤井流星
今行きます~



ママ
お邪魔します!
中間淳太
お仕事お疲れ!
ママ
ありがとう!
みんなも色々してもらってごめんね!
神山智洋
全然大丈夫!
ママ
じゃあ病院連れて行くわ!
お邪魔しました!
JW
・・え?
ママ
ん?
桐山照史
俺ら車出したりするで?
ママ
いやいや悪いわ!
濵田崇裕
遠慮せんでええよ~
藤井流星
あなた歩けへんし、
ママは抱っこキツイやろ?
ママ
じゃあお願いします…((汗
神山智洋
タオルケットみたいなん持ってこよ…
小瀧望
俺抱っこするわ!


あなた、ちょっと揺れるで~?
あなた

ん。
ままぁ…?

小瀧望
のんちゃんやで!
病院行こか~?
あなた

うん、

桐山照史
俺運転するわ~
重岡大毅
俺もついて行きたい!
神山智洋
じゃあしげはあなたの荷物
持ってくれる?
重岡大毅
わかった!
で結局、照史、しげ、神ちゃん、望が病院へ。


俺と淳太と濵ちゃんは留守番。


さすがに7人もついて行ったら


他の患者さんにも迷惑やしね。



まだかな…。


濵ちゃんがソワソワするのはもちろんのこと、


淳太もさっきからウロウロ。


なんやかんや言うて、


淳太もあなたのこと大好きやからな。笑




とりあえず、早よ帰ってきてー!