無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第19話

お届け物
中間side

4月23日。


そう、俺らがCDデビューした日。


今日で3周年目に入る。


やから朝からいろんな番組に出させて頂いた。


ちなみに、あなたはママが帰ってくるまで学校で


時間を潰してたみたいやから一応安心やで!




桐山照史
今日はもう仕事ないし
どっか食べに行かへん?
重岡大毅
ええやんええやん!
濵田崇裕
どこ行くん?
小瀧望
美味いとこ!
藤井流星
アバウトやな笑
神山智洋
淳太どっかええとこ知らん?
中間淳太
そやな~
じゃあ◯◯は?
桐山照史
そこにしよか!
ーーーーーーーーーーーーー

Inお店
重岡大毅
美味ぁぁああいい!
小瀧望
うっま!
桐山照史
流星、それ取って~
藤井流星
ん、
桐山照史
ありがと!


あれから俺が行ったお店に来てみんなで食事中。


個室やからのんびりできるし、


みんなも気に入ってくれたみたいやから良かったわ~
中間淳太
ふう~。
神山智洋
どしたん?
中間淳太
いやあ、早いなあと思って笑
濵田崇裕
せやなあ
藤井流星
望も今年から飲めるしな!
重岡大毅
今まではオレンジジュースやもんな笑
あ、今もか!笑
小瀧望
うっさい!
濵田崇裕
まあまあ笑
神山智洋
俺、ほんまにみんなとおれて幸せやわ笑
重岡大毅
急になんやねんー!
中間淳太
でた、神山節や笑
神山智洋
だってさ~笑


ほんま神ちゃんらしいわ。笑


でもほんまそうよな。


7人でほんまに良かった。


みんなの笑っとる顔見たら改めてそう思う。


みんなも神ちゃんにツッコんどったけど


同じ気持ちなんやろなって思うと


幸せやなって実感させられる。





これからも、もっと頑張らなあかん。


そう思えた1日やったな。






濵田崇裕
ふあぁ
神山智洋
濵ちゃん眠そうやな笑
藤井流星
言うて全然飲んでへんけどな笑
小瀧望
俺まっだまだ元気やわ!
重岡大毅
俺も俺も!
桐山照史
でももう23:00やしな~
そろそろ帰る?
中間淳太
そやね
一旦家帰ろか~











ーーーーーーーーーーーー

◯さ–さ◯です.


最初の説明のところに


ジャニストは4周年目という設定にしていましたが、


3周年目に変更させて頂きます💦


申し訳ありません🙇‍♀️🙇‍♀️