無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第31話

人生で初めて。
小瀧side
藤井流星
バナナってない?
中間淳太
どしたん急に笑
藤井流星
いやぁ、食べたくなった笑
神山智洋
キッチンいったらあると思うで~
桐山照史
流星、一口ちょうだい~
重岡大毅
自分用に食べたらええやん笑
桐山照史
1本は食べたないけど
ちょっと食べたいねん!笑
藤井流星
まあええけど笑
神山智洋
バナナあった?
藤井流星
ん、あったわ


そういってバナナを出して食べる流星。


それをもらう照史。


なんやこの光景。笑
あなた

あなたも食べるー!

小瀧望
あなたってバナナ好きやったっけ?
あなた

ううん、嫌い!

中間淳太
やのに食べるん?
あなた

だってりゅうくんが
美味しそうに食べとるんやもん!

藤井流星
美味いで笑
あなた

ほらほら!

神山智洋
じゃあキッチンにあるから
取ってき!
あなた

うん!





.
あなた

なにこれ、剥けへん!
のんちゃんー、剥いて~

小瀧望
貸してみ?

ん、これでいい?
あなた

うん!
ありがとう!

濵田崇裕
ほんまに食べれるん?
あなた

食べてみる!


いただきます!

もぐもぐ


お、食べとるやん!


苦手克服ちゃう?









と、思ったら…。笑


眉間にシワより始めたわ笑
あなた

・・無理!
おいひない!(美味しない!)

中間淳太
ほら言わんこっちゃない~笑
濵田崇裕
出していいで笑
ティッシュいるか?
あなた

ほひい(ほしい)


濵ちゃんにティッシュもらった瞬間、


バナナを吐いてました。笑





ってか、今思えば…。
小瀧望
流星に一口もらえば
よかったんちゃう?笑
藤井流星
ほんまやん笑
あなた

やっぱりバナナ無理やぁ…

神山智洋
残りどうするん?笑
あなた

あっくん、食べてくれへん…?
お願いやってぇ~…

桐山照史
ええで、食べたろ!

食べんねや。笑


さっき、流星にもらった意味よ。笑
桐山照史
ああ~、うまいっ!
重岡大毅
結局1本食べとるしな笑
桐山照史
ええねんええねん!
あなた

口の中気持ち悪い~…

神山智洋
うがいしてき!
あなた

うん…












中間淳太
口の中どう?
あなた

スッキリしたー!

って言いながら走ってきたと思ったら…。




ドッテン





え。
あなた

いったぁぁぁぁーー!!!




ものすごい音とあなたの叫び声が響いた。


急いでみんなで駆け寄ったら、


痛すぎてか、バタバタ転げまわっとるあなたと


近くに謎のバナナ…。←
桐山照史
大丈夫か!?
あなた

痛い…

中間淳太
頭打ってへん!?
神山智洋
ちょっと頭見るで~?
あなた

(コクッ

神山智洋
ん~、大丈夫みたいやな!
小瀧望
よかったぁ…。
重岡大毅
ってか、なんで転けたん?


ああ~。確かに。



・・・・・。




みんなの視線は自然とあのバナナへ。


いやいや、まさかな。笑
あなた

走っとったら滑った…

小瀧望
バナナでってこと?笑
神山智洋
いやいや、そんなことある!?笑
桐山照史
でも、1回しげあったよな?笑
濵田崇裕
あったっけ?
重岡大毅
あったあった!笑
ほんまにバナナは滑るからな!
藤井流星
なんの報告やねん笑
中間淳太
もうそれマンガやん笑
あなた

絶対あのバナナやー!!

痛さが引いてきたのか


さっきのバナナを指差して怒っております。笑
神山智洋
誰のバナナや?
桐山照史
俺ちゃうで!
今食べよるもん!
藤井流星
俺もゴミ箱に捨てたで?
小瀧望
え。じゃあ誰の?
重岡大毅
ホラーや!笑
きゃゃぁぁぁーー!←
中間淳太
あの、藤井さん。
ゴミ箱にバナナないですけど笑


淳太がゴミ箱傾けてこっちに見せてくれたけど


確かにない。


で、照史は手に持って食べている。


ということは…。
JW
(ー藤井)
流星やん!!
藤井流星
あれ?捨てたと思ったのになぁ?笑
あなた

りゅうくんちゃんと捨ててよー!!

藤井流星
ごめんごめん((汗
桐山照史
まあまあ。笑 

今日はあなたが人生で初めて
バナナに滑った記念日ってことにしよ?
あなた

そんな記念日いらんわー!!

重岡大毅
俺と仲間やで!?
あなた

そんな仲間いらんし!笑








「人生で初めてバナナに滑った記念日」


ってなんやねん!笑


まあ、あなたもなんやかんや言うて笑っとるし


めでたしめでたし!!




でも…。
あなた

もう一生バナナ見いひんから!!




って言ってました。笑