無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第57話

バーベキュー!
桐山side
さっ!


やってきました、夏休み!


ジャニーズWESTは夏生まれがほとんどやし、


なんか気分が上がるわー!


まあ、ちびすけは課題が多いって


ぼやいてたんやけどね。笑


で、我々もこの夏は大忙しで、


PV撮ったり、雑誌の撮影行ったりで、


明後日から1ヶ月程家を開けるんですよ。


明日にはいろいろと用意があるから、


実質2人とちゃんと話せるのは今日が最後。


そしたらね、なんとママが。



バーベキューに誘ってくれましたー⤴︎⤴︎


んでね、今はただいま食事中!


って言いたいところやねんけど、


火がつきません…!笑

あなた

火ついた?

濵田崇裕
もうちょっとかかりそうやわ~
あなた

松ぼっくりあったらええのにー。

桐山照史
なんで?
あなた

松ぼっくりあったら
めっちゃ早く火つくねんで!

藤井流星
そうなんや~笑


濵田崇裕
お、きたきた!
やっと火がついたみたいやわ!
藤井流星
おおー火や笑
中間淳太
当たり前やろ笑
なんて話しとったら。
ママ
お肉用意できたでー!
ちょうどママが食材を持ってきてくれた!
重岡大毅
やっば!肉ぅぅぅー!
小瀧望
美味そ!
神山智洋
じゃあ俺濵ちゃんと焼くで~
ママ
ありがとう!
あなた

あなたも焼くで!

中間淳太
んー、あなたはもうちょっと
大きなったらやな笑
あなた

大丈夫大丈夫!

濵田崇裕
でもなぁ~。
危ないから他のこと手伝ってくれる?
あなた

うーん、
わかった!

なんとか納得してくれたみたい。笑


まあ、火は危ないからな~。


さすがにさせられへんよね。
あなた

あ、のんちゃーん!


あなたも野菜切る!

小瀧望
え、包丁で?
あなた

当たり前やん笑

小瀧望
うーん…
危ないからやめとこか?
あなた

ええ"ー。

そういってふてくされてます。笑


「包丁くらいええやん!」


って思う人もおるかもしらんけど、


あなたね、小学生の時に


1回包丁で怪我したことがあるんですよ。


で、みんなビビってしもて…。笑


そっからあなたには


包丁は持たさへんようにしてるんよ。


あなたは覚えとるかわからんのやけどね。笑
藤井流星
じゃあ俺とお皿運びする?
あなた

するするー!

藤井流星
ほなこれ神ちゃんに渡して!
あなた

わかった!

智くーん、お皿どこ置けばええ?

神山智洋
えっとな~、それは…


流星にお手伝いできることをもらって、


さっきらみんなのところを行ったり来たり。笑


元気やわー。笑



ーーーーーーーーーーーーー
濵田崇裕
焼けたでー!


火がついてからちょっとした頃、


濵ちゃんの声が聞こえた。


やっと食べれるみたいやわ♪♪
あなた

やったー!

中間淳太
みんなお皿とお箸持った?
小瀧望
持ったー!
桐山照史
ジュースみんな入っとる?
重岡大毅
あるあるー!
藤井流星
え、俺のどこ置いたっけ?笑
小瀧望
流星のそっちあるやん笑
藤井流星
あ、ほんまや笑
藤井さん、しっかりしてください。笑
ママ
じゃあ食べよっか!
あなた

いただきます!

JW
いただきます!


ではでは、今からバーベキューの始まりや!